記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2009年01月06日

消費税率のアップはできるのか!

昨年の第二次補正予算案を組むにあたり、麻生首相は3年後の消費税率のアップについて発言いたしました。

この発言に対して、衆議院選挙も近いこともあり、与党議員から大きな反発があったことは記憶に新しいことです。

過去において、消費税の導入時、税率のアップをしたときに与党は大きく議席を減らしたので、当然の動きだと思います。

財務省は消費税率のアップを悲願としていますから、赤字国債の発行を伴う補正予算案の実行には、将来の消費税率アップを担保したいのは当然かもしれません。

しかし、消費税率のアップは時期を間違えますと、経済の低迷により法人税の減収を招き、何のために消費税率をアップしたか分からなくなります。

そして、経済の低迷時にはその影響を考えますと消費税率を上げることさえできません。

現に平成20年度予算は経済低迷からの法人税の減収により、赤字国債の発行に追い込まれるのは確実です。
このような状態で消費税率のアップができるわけがありません。

そして、消費税率アップには超えなければならない大きなハードルがあります。

このブログで消費税率アップについてのアンケートを行っていますが、税金の無駄使いをなくしてから上げると言う意見が多いのです。

よく、税金の無駄をなくしても金額的にはたいしたことはないと言う意見がありますが、その意見は人の気持ちと言うのを理解していないのではないかとさえ思えます。

税金を納める立場から言えば、額が大きいか小さいかということではなく、無駄があるのに消費税率を上げることに抵抗があるのです。

また、一般の人は税金の無駄遣いがかなりあると思っています。
私が顧問先の中小企業の社長たちと話をしても、あまりに無駄遣いが多いので税金を納めたくないと言われたり、怒られたりします。

政治家は、こういう気持ちを理解して政策を進めないと、選挙の時にしっぺ返しを受けることになります。

少子高齢化の進む日本ですから、高度成長期のような税金の使い方をすることはできません。
道路やダムの建設など大きなお金を使う政策の是非を含めて、税金の使い道を考える時だと思います。

「がんばれ日本」

みんなで知恵を出して考えましょう。

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!
posted by 森 大志 at 08:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2009年01月05日

日本の元気のために思い切った内需拡大で中小企業・地方の活性化を!

世界経済の低迷は円安による輸出に頼った日本経済を直撃しています。

このことは、日本だけでなく中国も同様です。
中国は世界の生産基地といわれ、中国からアメリカに製品を輸出して外貨を稼いでいたのですから、日本と同じ構造でした。
今回の経済不況では中国に進出しているアメリカ企業が工場を閉鎖していますから、地方からの出稼ぎ労働者が失業し大問題になっています。

このことは、派遣労働者が失業して社会問題になっている日本と同様ですし、今までの様に外需に頼ることができないのも同じです。(中国の出稼ぎ労働者の失業の方が桁違いに多いのですが、外需不振の影響を受けていることは同じです。)

そこで、中国政府は思い切った内需拡大政策を取ることを決めました。
(税理士森大志のひとりごと「中国は内需拡大路線・日本に恩恵か!」参照)

アメリカのオバマ政権も思い切った内需拡大政策を取るようですが、アメリカや中国の内需拡大政策の影響が、日本に出るまでには時間がかかると思われます。
そして、日本も同様に内需拡大政策を取る必要があると思います。

ただその場合でも、影響が出るまでは時間がかかりますので、急激に業績の悪化している中小企業に、思い切った資金繰り支援をすることが先だと考えます。

目先の資金繰り対策と長期的な内需拡大のための構造改革の二通りの対策です。

今までは、あまりに外需に頼りすぎた経済政策でした。

アメリカ経済がだめになっても、新興国の経済成長が続くので世界経済は大丈夫だと言う楽観論は、幻想だったことが明らかになりました。
新興国経済もアメリカ頼みだったのです。

日本経済で考えますと、やはり外需と内需のバランスが必要だったと思います。

日本の個人金融資産は約1500兆円(多少目減りしているようですが)と言われていますが、その1%が内需に向かえば約15兆円になります。

国の経済対策の金額(真水といわれる部分)より多いのではないでしょうか。

ただその多くは、65歳以上の高齢者がもっていると言われていますので、高齢者からの贈与に特典を与えるなど、流動化させる工夫も必要です。

いずれにしても、どうしたら内需が盛り上がるか、真剣に考えてほしいと思います。

ただ、お金をばらまくだけでは一時的に景気が良くなっても長続きしないことは、過去の経済対策の失敗で明らかです。(国の借金が増えた一因でもあります。)

日本の元気のために、思い切った内需拡大で中小企業・地方の活性化を!

「がんばれ日本」

みんなで知恵を出して頑張りましょう。

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!
posted by 森 大志 at 07:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2009年01月04日

NHK課外授業スペシャル「心から叫べ熱い長渕剛」を見た

今日は、たまたまNHK課外授業スペシャル「心から叫べ熱い長渕剛」を見ました。

昨年は、NHKの視聴率が1位になったのが話題になりましたが、私はNHKスペシャルなどの番組が好きで良く見ます。

この課外授業スペシャルは、有名になったOBが母校を訪問して後輩に課外授業をする企画です。

今回、長渕剛が訪問したのは鹿児島県立鹿児島南高等学校情報処理科3年7組。

昨年の年末からマスコミで報道されることは、世界的な不況のことと、それに伴う派遣社員の失業問題等暗い話題ばかりです。

派遣社員の問題は、厳しい人から見れば努力しなかった自分が悪い、自己責任だと言われることがあります。

確かに、そういう面は否定できません。

特に、厳しいことを言う人たちの多くが、人の何倍何十倍も努力して現在の地位を築いているのですから、説得力があります。

ただ、現実問題として現に困っている人が大勢いるのも事実なのです。
ですから、厚生労働省も年末の避難所として施設の提供をしました。

この人達を何とか自立させなければ、社会保障費がますます増大し、いくら税金があっても足りません。

派遣社員で働いている人の中には、就職氷河期に大学を卒業して就職できずに、そのままアルバイトなどを転々とした人も多くいます。

このことは、日本では一度つまずいてしまうと、なかなか正社員になるのが難しいのです。
(税理士森大志のひとりごと「敗者復活しにくい日本・だから難しい!」参照)

こういう現実の中で、進学したり就職をする高校生は不安でいっぱいだと思います。
そういう後輩に向かって、長渕剛がする課外授業に説得力のないわけがありません。

鹿児島の高校を卒業し、大学を中退し夢と希望を抱いて上京した長渕剛。

当然のように多くの失敗をし、涙を流しました。

そこから、いかに這い上がるか、最初は失敗して当然だという言葉にうなずく後輩たち。

この課外授業を聞いて、新たな思いで頑張る人も出ると思いますし、番組を見た私たちにも勇気を与えました。

「がんばれ日本」

みんなで知恵を出して頑張りましょう。

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!
posted by 森 大志 at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(2) | がんばれ日本

2009年01月03日

美しい国日本・観光立国を目指して!

私は、地方活性化の一つとして観光資源を活かした観光立国の実現が大切だと思っています。

日本の近代化は特に、均衡の取れた国土の発展と言うことで鉄道、道路が整備されました。
そして、都市は同じ様にビルが立ち並びました。

しかし、このように造った物は本当の観光資源ではありません。

次にご紹介するのは、私が前に旧中仙道・妻籠宿に行った時の写真です。

°..nU.C.n.R06.08.05 003.jpg

°..nU.C.n.R06.08.05 005.jpg

この自然と歴史が日本の誇るべきものだと思います。

日本は、四季があり、美しい自然と歴史があります。
日本の祭り、富士山、城、京都、奈良、巡礼の旅もあります。
そして、私の大好きな温泉もあるのです。

何もお金をかけた旅行でなくても、温泉では湯治、旧街道を歩いてもいいのです。

そう考えますと、国内旅行をする人が増えれば、内需拡大にも貢献します。
団塊の世代の方々がリタイヤしたあとに旅行すれば、健康にも良いし医療費を減らすことができます。

幸いに鉄道、道路が整備されていますので、お年寄りでも旅行しやすい環境は整っています。

これからは、夫婦やグループの旅行が主力になると思われますので、団体旅行を主な客とする巨大観光ホテルではない、個性のある宿が好まれると思っています。

昨年は観光立国を目指して観光庁が設置されましたが、日本に興味を持つ外国人も増えています。

日本のアニメ、秋葉原なども人気があります。

観光庁が設置され、やっと国の政策として観光が重視されようとしています。
くれぐれもハコ物に頼った政策にならないように期待しています。

美しい国日本を見直しましょう。

そして、観光立国により内需拡大をしましょう。

「がんばれ日本」

みんなで知恵を出して頑張りましょう。

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!

posted by 森 大志 at 10:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2008年12月30日

東京銀座(INFINIアンフィニ)で最後の忘年会

昨日は東京銀座で最後の忘年会をしました。

久しぶりにお会いするのは「銀座倶楽部」の皆さん。
銀座倶楽部とは経営者、会社役員、デザイナーなどの私的な集まりです。
皆さん仕事に忙しく、都合があったのが12月29日になりました。

そして、忘年会の場所に選んだのは今年を締めくくるにはぴったりのお店、東京銀座プランタン裏の隠れ家リゾートダイニングINFINI(アンフィニ)。

12月4日にリニューアルオープンしたばかりのお店です。

隠れ家リゾートダイニングという新しい挑戦、確かにお店に入り席に着いた時に、ほっとするような不思議な空間でした。(本当に癒されます。)

昔からこのお店を知っている客の一人として、この世界的な大不況の中での改装と聞き、大丈夫かと心配もしましたが、それは杞憂に終わりそうです。

現に、当日も多くの女性客でにぎわっていました。
今の飲食店で大切なことは、女性客に支持されるかどうかですから、その点で言えばこのリゾートダイニングという新しい試みは成功だと思います。

昔からお酒も料理もおいしい、銀座にしてはリーズナブルなお店でしたが、その料理に磨きがかかったような気がしました。

デートに良し、パーティに良しの本当に良いお店です。

私もあまりにお酒と料理がおいしく雰囲気も良いので、飲みすぎ食べ過ぎてしまいました。
そして、大変お世話になりありがとうございました。

今回、記事に取り上げたのは、この閉塞感の漂う不況のなかでは、つい後ろ向きに経費削減などに取り組みがちですが、それだけではなく、前向きに新しい業態に取り組むこのお店の姿勢が嬉しかったからです。

このお店のように前向きに取り組む会社が増えれば、日本経済も少しは良くなるのではないでしょうか。

「がんばれ日本」

みんなで知恵を出して頑張りましょう。

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!
posted by 森 大志 at 12:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | がんばれ日本

2008年12月28日

中国は内需拡大路線・日本に恩恵か!

今年もあとわずかになりましたが、急激な景気悪化に伴い厳しい年の瀬になりました。

日本経済は、外需特に自動車産業の輸出に支えられていましたから、アメリカにおける自動車販売の不振による急激な在庫急増は、大幅な生産調整に追い込まれています。

おそらく、この生産調整はしばらく続くと思われ、来年も日本経済にとって大変厳しい年になるかもしれません。

非正規雇用者の雇用不安が顕在化しましたが、この流れは正社員のリストラにまで発展する可能性も出てきました。

しかし、私はこの厳しい経済環境のなかで中国が景気対策の内需拡大に動くことに期待しています。

中国政府は、今年の11月9日に10項目に及ぶ拡張的財政政策を打ち出しました。(週刊ダイヤモンド2008.12・27・2009.1・3号73Pによる)
1.安価な住宅の建設
2.農村基盤の整備
3.鉄道などのインフラ建設
4.医療、文化、教育事業の促進
5.環境対策の強化
6.技術革新の促進
7.震災被災地の復興加速
8.国民の収入引き上げ
9.増値税(付加価値税)の減税
10.銀行貸し出しの拡大
その、投資総額は10年末までに、中央財政による1.18兆元を含む約四兆元(約五七兆円、07年のGDPの一六%相当)に達する見込みである。

中国は国内問題もあってある程度の経済成長が必要だと言われています。
約2千万人と言われている地方から都会に出ている労働者が失業することは、大きな政治問題になるからです。

アメリカ経済をはじめ世界経済が停滞する中にあっては、外需に期待できませんから、思い切って内需拡大し、成長率を維持するために、今回の対策を行うのです。

このことは、日本にとってはプラスに働くと思っています。
日本から中国への輸出に期待するからです。

そうしますと、日本における来年の第二次補正予算の成立、中国の経済対策、円高資源安の影響を考えますと、今の状況は少し緩和されるのではないかと思います。(思いたいが正しいかもしれませんが?)

「がんばれ日本」

みんなで知恵を出して頑張りましょう。

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!
posted by 森 大志 at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(2) | がんばれ日本

2017年07月22日

ギリシャ危機・改革は口で言うほど易しくない、日本も同様だ!

ギリシャの国民投票が、中止になるかもしれない。

今の世界の関心事は、ギリシャ危機がどうなるか
でしょう。

最大野党と大連立を組み、国民投票を中止する案が
出ているようです。

今回のギリシャ危機が解決しても、ギリシャ経済の
当面の危機が回避されるだけで、根本的な解決では
ないのです。

ギリシャの救済案の緊縮財政にしても、口で言うほど
易しくない。

国家が破綻するかもしれないのに、ギリシャ国民は
反対する人が多い。

助けてもらう国民が反対するなんて、日本の常識では
考えられない。

翻って日本はどうでしょう。

財政危機とは言われますが、国会議員の外遊、公務員
宿舎問題など疑問なことも多い。

日本国を会社に例えると、赤字会社です。

民間であれば、赤字会社の財布は厳しいはずです。

口で言うことと、やっていることが違うことはよく
あることです。

そうかといって、本当に緊縮財政で予算を組んだら
景気対策、中小企業対策のお金は出なくなります。

多くの中小企業が倒産するでしょう。

その覚悟はできているのでしょうか。

今まで、景気、雇用、金融など補正予算を組んで対応
してきました。

その出口が見えないのです。

出口戦略が立てられない。

それくらい日本経済は厳しい。

来年の3月末で金融円滑化法の期限が切れます。

雇用調整助成金は、どうするのでしょうか。

企業内失業も本当は多い。

消費税の増税だけでなく、課題が多いのです。

問題の先送りも限界でしょう。

年金のように、ある日突然に受給年齢が遅くなる
と言われても困ります。

日本国民に覚悟はあるのでしょうか。

ギリシャ危機は、決して他人事ではないのです。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!


posted by 森 大志 at 15:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本