記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2011年11月22日

混迷する世界経済・アメリカもヨーロッパも不安だらけ!

一時落ち着いたかに見えた世界経済が、再び揺れて
います。

アメリカでは、あれだけもめた財政赤字削減の方法
で、対立しています。

この問題の根底には、オバマ大統領の再選を阻止し
たい勢力との権力闘争も絡んでいますから、複雑で
す。

また、ヨーロッパでは新たにハンガリーがEUとI
MFに金融支援を要請しました。

ヨーロッパでは、底なし沼のように危機が広がって
いるのです。

実体経済がかなり悪いとみるのが妥当です。

そうなると、日本の輸出にも影響するでしょう。

そういう意味で、世界経済は危機に直面していると
いえます。

そのために、日本も応分の協力をしなければならな
いでしょうが、直接的に助けるのではなく、IMF
の出資を増やすなど、間接的な支援に限りたい。

これから、欧州各国の国債などを購入するのは
評価損などのリスクが多すぎるからです。

それどころか、この状態が続きますと再び円高が
進行するでしょう。

為替は、日本の実体経済に関係なく、相対的に決
まるからです。

これから何十兆円も為替介入につぎ込む場合に、
為替の評価損も無視できません。

そうなると、出来ることも限られます。

将来につながる我慢は出来ますが、将来が見えな
いまま負担が増える話しが先行しても、消費者の
財布のひもが固くなって、税収が落ち込むだけで
す。

消費税の税率をあげても、効果がないのでは意味
がありません。

あらゆる角度からの検討が必要です。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!


posted by 森 大志 at 15:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2011年11月20日

厳しい戦いの中から強者は生まれる!

日本を代表する自動車業界が、岐路に立たされている。

日本の自動車業界と言えば、過去、アメリカとの厳しい交渉を
経験し、今では多くの車を現地生産しています。

その過程では、厳しい原価管理を行い、その下請け企業は
かわいた雑巾を絞られるとも言われました。

それくらい厳しい競争を勝ち抜いてきたのです。

ですから、日本の自動車部品メーカーは世界一強い。

そんな中、トヨタ自動車が国内の自動車生産が300万台を切る
かもしれないと言うニュース。

このままでは、日本国内で売る分だけ日本で生産し、輸出する
分は、現地生産(いわゆる地産地消)が進みそうです。

この流れは、あらゆる業界で進むと考えるのが普通です。

当面は、東日本大震災の復興需要が見込まれますが、その
あとに増税が控えていますから、不況になると言う人もいます。

厳しい競争の中で、何としても生き残りたい。

アウェーでも負けない、強靭な精神力も必要です。

これから、勉強したことを実行できるかどうかで決まってくると
確信しています。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!
posted by 森 大志 at 18:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2011年11月18日

こんなご時世にお客様でいっぱいの寿司店がある

昨日は、赤坂(東京)でセミナーがあり、その帰りに
板前寿司赤坂店に寄りました。

先日、知り合いの板前さんに偶然に会い、その店で
働いていると聞いていたからです。

板前寿司といえば、「香港の寿司王」リッキー・
チェン氏が香港で経営しています。

行った店は、その日本にあるお店の一つですが、
お客様でいっぱいでした。

赤坂と言えば、寿司店が50店以上あると言われて
います。

その多くは、ご多分にもれず集客で苦戦しています。

それなのに、お客様でいっぱいなのです。

りーズナブルで美味しいお寿司を提供出来れば、
まだまだお客様は集まることを証明しています。

その低価格で運営する仕組みを、構築することが
出来るかどうかが大切なのです。

これからあらゆる業種で、このことが問われる
と思っています。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!
posted by 森 大志 at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2011年11月17日

忍び寄る景気減退、資金繰りは早めに考えたい!

欧州危機に端を発した世界的な経済不安は、これから
様々な影響が出てきそうです。

リーマンショックは、アメリカ、欧州、中国そして
日本などが景気浮揚策をとり、ぎりぎりで凌ぎまし
た。

しかし、その時の無理がたたって各国政府は債務が
増え財政危機に陥っています。

そして、国債を発行して景気対策しようにもリスクの
ある国債を引き受ける人はいないでしょう。

ですから、今回の危機対応では限界があるのです。

そんな中、じわりじわりと景気に影響が出始めています。

今日の朝日新聞では、
新日本製鉄は16日、主力工場の
君津製鉄所(千葉県君津市)の第
2高炉を12月1日から1カ月半
休止させると発表した。
タイの洪水や世界的な景気減速で
、自動車メーカーなどの大口顧客
の需要の減りが想定以上になると
みるため。
改修工事以外で高炉を止めるのは
、リーマン・ショック後の需要減
に対応した2009年以来。

10月26日の中間発表時より、さらに需要が減る
と予想しています。

11月に入って、何かが変だと言う経営者の声を聴
くようになりました。

それに対応するような今回の動きです。

それだけ、欧州の経済危機の影響が懸念されている
のです。

そう考えますと、企業の資金繰り対策も早めに対応
したい。

本当に最近の景気動向は、動きが早くて目が離せな
いのです。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!
posted by 森 大志 at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2011年11月16日

欧州経済の厳しさを反映、貸し渋りの拡大が怖い

欧州経済が厳しさを増しています。

ギリシャ、イタリアそしてスペインと負の連鎖が
広がり、国債価格が暴落しています。

国債価格が暴落したということは、その国の経済
が良くないからです。

当たり前のことですね。

今日の日本経済新聞によりますと、
債務不安がもたらすもう一つ
の懸念材料は貸し渋りだ。
ギリシャヤイタリア、スペイ
ンなど南欧の国債価格が急落
(利回りは急上昇)したため
、南欧国債を大量に抱える欧
州の銀行は多額の評価損を計
上。こうした銀行は貸し倒れ
を恐れる市場参加者から資金
の調達が難しくなり、企業や
家計向けの融資を絞らざるを
得なくなっている。

ここで、問題になるのは銀行
の貸し渋りです。

経済の血液である資金が回らなければ、ますます
景気後退するのは確実です。

日本は金融機能強化法により、金融機関に資本注
入できる体制を整えています。

リーマンショク後は、緊急保証制度の創設と拡充
により、資金が流れるようにしました。

そして、批判も多いのですが中小企業金融円滑化
法により、倒産の危機を緩和しています。

エコカー減税、エコカー補助金、エコポイント、
住宅減税など出来ることはなんでもやっています。

財政に余裕がないのに、無理をして景気を支えて
いるのです。

欧州は日本のように資金を注入できるのか。

欧州経済がこれ以上悪化すれば、世界経済に与え
る影響は無視できません。

本当に目が離せないですね。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!
posted by 森 大志 at 11:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2011年11月15日

アメリカはバブル崩壊後の日本を反面教師にしていたはず!

アメリカ経済の低迷が長引いているが、住宅バブルの
後遺症に苦しんでいると理解している。

あれだけ日本のバブル崩壊を研究していたアメリカと
中国。

特にアメリカの停滞は、日本と同じように失われた
10年になるのではないかと懸念され始めている。

昨日の日本経済新聞夕刊では、クリントン元大統領の
話が掲載されている。
 クリントン元米大統領は13日、
香港での会合で「住宅ローンの
問題をうまく解決しない限り、
米国が完全雇用の経済状態に戻
ることはない」と述べた。
大統領を務めた1990年代の日本
の「経験」を反面教師として挙
げつつ「米国は債務処理を急が
なければならない」と強調した。

アメリカは、いまだに住宅価格が下げ止まらない。

アメリカは人口が増えている国なのに、下げ止まら
ないのは、それだけ経済状況がよくない証である。

住宅ローンの貸し手である金融機関に資本注入をして、
損切りさせなければ債務問題は解決しないことは、
日本の姿を見れば明らかなのです。
 クリントン氏は「金融の崩壊
が起こると回復に5〜10年かか
る。回復には早くデレバレッジ
(借金減らし)をする必要があ
る」と指摘。
「損失を誰が負担するのか」な
ど、作業の難しさに触れながら
日本の長期停滞に言及し「日本
では政治的な理由などから、経
済を成長軌道に戻すことに見事
に失敗した」と皮肉を込めて語
った。

日本のバブル崩壊後の停滞は、世界で皮肉られている
のです。

本当に悔しいですね。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!
posted by 森 大志 at 08:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2011年11月14日

やはり勉強しかない、セミナーの手ごたえを感じています・セミナー講師のお声をかけてください

日本経済の低迷は、弱者である中小企業に大きな影響が
あります。

私の顧問先の中小企業も例外ではない。

そこで、昨年から一部の顧問先において幹部セミナーを
開始しました。

座して衰退を待つより、打って出ようと言う試みです。

今年になって、何とかその成果が出てきました。

また、昨年から東京企業戦略塾という勉強会を毎月
1回私の事務所で行っています。

この勉強会は、一般の方を対象にしています。

今月の会で、14回を終えました。

とても楽しい会に育っています。

今の日本には、このような地道な活動が大切だと思って
います。

ようするに中小企業が力をつけるのは、地道な勉強しか
ないからです。

そこで、来年からは商工会議所等の外部セミナーの講師
に本腰を入れようと思っています。

来年の2月に、美容室関係の講師が決まっています。

お声がかかれば、どこにでもお伺いするつもりでいます。

私と一緒に企業の活性化を考えたいという方は、お声を
かけてください。

よろしくお願いいたします。

顧問先の会社の幹部セミナーもそうですが、何かを
やったからと言ってすぐに成果が出ることはありま
せん。

成果が出るまで時間がかかります。

継続は力なりなのです!

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!



posted by 森 大志 at 05:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2011年11月12日

ドイツは経済成長し税収増、そして減税計画!

日本は今、TPP(環太平洋経済連携協定)の参加
問題で大揺れです。

そんな中、ドイツで減税計画があると言う記事。

今日の朝日新聞では、
ドイツのメンケル政権が所得税
減税を計画している。
他の欧州諸国に比べ財政再建が
進み、経済も好調なドイツだか
らこそできることだが、債務危
機が拡大し、ユーロ圏の中まで
あるギリシャやイタリアに緊縮
策を求めたり、盟友のフランス
も増税を計画したりする時期に
いかがなものか、といった声も
出ている。

日本の財政再建が進まない中、ドイツは財政再建が
進んでいるという。

そして、同じ記事では、
政府の見通しでは、ドイツはユ
ーロ危機が拡大した今年も経済成
長率が3.0%を維持し、税収も
前年比7.7%増。
ただ、好調な経済にもかかわらず
、ドイツ国民は好景気の果実を得
ていないと感じている。

経済成長して、税収も増えています。

翻って、日本はどうでしょうか。

財政再建が進むどころか、財政赤字が増えて危機的
状況です。

最近では、生活保護世帯が増えていると言う記事。

財政赤字が減るどころか、増えている。

雇用調整助成金で雇用を支え、エコポイントやエコ
カー減税、エコカー助成金で経済を支えたにもかか
わらず苦しい状況が続いています。

エコポイントの影響であれだけ売れたテレビも、今
は急激な売り上げ減です。

需要の先食いと言われた通りなのです。

それも、あれだけ売れたテレビでも家電メーカーは
赤字だった。

何かが違う。

今までのやり方では、財政再建は進まないのでは
ないかと危惧しています。

国がお金を出しただけでは、根本的な問題解決に
ならない。

やはり、自立がキーワードなのではないでしょうか。

どうしたら経済的自立ができるのか。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!









posted by 森 大志 at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2011年11月10日

早期治療が大事、不安心理は伝染する

ヨーロッパの経済不安は、ギリシャ、イタリアと
次々に広がっています。

火事も大火になると消し辛くなるように、初期消火
が大切です。

いずれにしても、日本が直接手助けする余裕はない。

今日、今年度の第三次補正予算案が衆議院本会議で可決
されました。

後は、参議院の審議を待ち早期成立を願うばかりです。

復興需要、復興需要と言われてきましたが、やはり第三次
補正予算案が成立して、実際に施行されなければ意味がな
いです。

そうすれば、閉塞感漂う日本の景気も少しは持ち直すと
思います。

円高と欧米の経済不安により輸出が落ち込みそうな今、
頼りになるのは復興需要なのです。

外需はしばらく厳しい状況ですから、内需に期待します。

また、有力政治家の方々がテレビなどに積極的に出演し、
国民の不安を取り除く努力をしてほしい。

国民は分からないことだらけ、というのが現状なのです。

不安心理が伝染するのと同じように、不安心理は増幅す
るのです。

そのためにも、早期に不安をとり除きたい。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!



posted by 森 大志 at 15:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2011年11月09日

イタリア国債の金利が急上昇、日本が心配になります

イタリア国債の金利が急上昇しています。

なんと、10年物国債の金利が6.7%台をつけた
のです。

日本の低金利と比べると、恐ろしい金利です。

イタリアの首相はベルルスコーニ氏ですが、実業家
の実績から国家の再建を期待されていたはずです。

それなのに、この結果です。

イタリアの2011年の政府債務残高は、GDP比で
約120%です。

日本についで悪いと言われています。

市場から信任を失うと、一気に国債金利が上昇します。

日本国債で同じことが起きたら、多くの金融機関が
保有する国債の評価が急落します。

そうなったら、負の連鎖で誰も止められないでしょう。

日本国債の金利が、1%上がっても日本は耐えられない。

それを避けるために、財政再建が必要なのはわかります。

しかし、その内容が分かりづらい。

今の世界の動向を見ますと有事と言えます。

そのような時は、強力なリーダーシップが必要です。

今の日本は、何か、こそこそやっているようで
見えない。

だから、余計に不安が募ります。

リーダーが明確に財政再建の方針を示し、進めたい
ですね。

日本国民は、そんなにバカではないと思います。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!




posted by 森 大志 at 08:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2011年11月07日

イタリアのIMF管理・ヨーロッパの混乱は他人事ではない!

ギリシャ危機は、ついにイタリアも巻き込みました。

イタリアが、IMFの管理下に入るそうです。

先日おかしくなったアメリカの証券会社は、ギリシャ
、スペインなどの国債を多く保有していました。

昔は、考えられなかったのですが、国も破綻するの
です。

ここで思い起こされるのは、リーマンショックです。

それまで、AAA(トリプルエー)と言われていた
アメリカの保険会社が、経営危機になったのです。

金融緩和で市場に放出されたお金は、資源、食糧、
そして国債などにも投資されています。

特に日本の金融機関は、本来は融資すべきお金を
国債などの債券投資に充てています。

その大量保有している債券の格付けが下がったら、
どうなるのか。

考えただけでも、ぞっとします。

今朝のテレビの解説でも、日本は、あと2、3年は
大丈夫と言っていました。

しかし、それはあくまで希望的観測です。

国債が国内で消化されている間は、大丈夫という
判断なのでしょう。

でも、いま世界上のお金が日本国債、円を買って
います。

いま日本国債を買っている人たちが、投資している
お金を、引き揚げたらどうなるのか。

国債金利が上昇したら、財政負担が増えます。

日本も綱渡りしているのが分かります。

イタリアのIMF管理・ヨーロッパの混乱は他人事
ではないのです。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!




posted by 森 大志 at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2011年11月04日

テレビ事業の次は何を売る!

パナソニックに続き、ソニーが赤字だと言う。

それも、テレビ事業での赤字が続いている。

ソニーと言えば、テレビと言われた時代があった。

それなのに、8年連続でテレビ事業が赤字なのだ。

ソニーを見ていると、日本の姿にダブって見えるの
は私だけだろうか。

世界のソニーが普通の会社になったと言われるが、
日本も普通の国になったのか。

技術立国日本は過去のものになったのか。

技術が生きる製品開発ができない日本。

アップルの躍進を見ると思う。

アップルの技術は大したことないと言う日本のメー
カーがあるが、単体の技術があっても組み合わせが
出来なければ意味がない。

そういう意味で、テレビの次は何を売るのでしょうか。

テレビ、パソコン、携帯電話、そしてデジタルカメラ
と成熟製品ばかりです。

成熟製品の性能がこれ以上よくなっても、消費者が
望んでいるか疑問です。

技術者の自己満足かもしれません。

3Dテレビを望んでいる人が、どれほどいるんで
しょうか。

それよりも、テレビ番組などのソフトの充実を望み
ます。

また、デザイン重視の製品が開発されても良いと思う。

今回の日本メーカーのテレビ事業の巨額赤字は、今一度
考え直すいい機会だと考えたい。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!


posted by 森 大志 at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2011年11月02日

税と社会保障の一体改革はできるのか!

税と社会保障の一体改革の議論が行われている。

このことについては、誰もが理解していると思う。

私も、このことは避けて通れないと思っている。

しかし、最近の議論を見ていますと、ある日突然に
負担の増えるような話が出てきます。

年金の68歳からの支給の話は、老後の生活設計を
根本から変えるものですし、厚生年金、介護保険料
の負担増は負担能力の問題がかけています。

税の問題を考えるときには、担税力を考えます。

税を負担する能力があるかどうかです。

担税力を無視して負担を決めても、滞納が増える
だけだからです。

机上の空論になってしまうのです。

最近の社会保障の議論を見ていますと、足りないか
ら上げる話です。

しかし、その内容は問題を先送りしてきて、どうす
ることも出来ないので、噴出した感じがします。

企業や個人の負担が増える話は、現状では難しい。

それくらい余裕がありません。

金融円滑化法で、元本の返済猶予を受けている企業
や個人がどれだけいるのか。

それも、今年の3月31日に1年延長したのです。

今までは、税や社会保障の財源が不足した時は、
増税や保険料の値上げでカバーしてきましたが、
これからは慎重な対応が必要なのではないか。

人口が増えない、収入が増えないからです。

今までの延長線上ではなく、根本的な制度改革が
必要だと思います。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!







posted by 森 大志 at 08:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2011年11月01日

テレビの後、これからの日本は何を売る!

今日の日本経済新聞によりますと、
パナソニックは31日、2012年
3月期の連結最終損益(米国会計基
準)が4200億円の赤字(前期は
740億円の黒字)になると発表し
た。
テレビ、半導体事業の縮小でリスト
ラ費用が5000億円強に膨らむの
が主因。欧米の景気低迷でデジタル
家電の販売が落ち込むうえ、円高も
収益を圧迫する。
環境を軸にした成長戦略で構造転換
を急ぎ、来期以降の業績回復を目指
す。

今回の事業の縮小は、本当に想定外でした。

丁度、円高の時期と重なりましたが、円高も原因の
一部でしょうが、根本的には競争力がないことです。

今までも問題になりましたが、家電、デジタルカメ
ラ、携帯電話、パソコンなどが成熟製品であること
が原因です。

成熟しているがゆえに、これ以上の技術的進歩は、
ほとんど望めませんし必要がない段階でしょう。

汎用技術で、間に合うのです。

新興市場で白物家電を投入すると言っても、下手を
すればテレビの二の舞です。

売っても売っても儲からない。

そんな恐ろしい夢を見るようです。

これからは、ハードよりもソフトの時代です。

単体で販売するより、システムで販売することを考
えたい。

例えば新幹線ですが、日本の新幹線は安全で正確な
運行が自慢です。

それも、今までの実績があります。

単体で販売するのではなく、信号などの周辺設備も
含めたシステムで販売したいのです。

日本には世界に誇る総合商社があります。

民間主導で、売り込みたいですね。

その時に、国は円借款などで後方支援をする。

それが理想ではないでしょうか。

今回の日本を代表するメーカーの、パナソニック、
ソニーの苦戦は本当にがっかりしましたが、休む
ことは出来ません。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!









posted by 森 大志 at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2011年10月31日

テレビは儲からない・ソニー、パナソニックの巨額な赤字に思う

アナログ放送の廃止に伴うデジタルテレビ競争が
終わったと思ったら、今度はリストラ競争のよう
です。

昨日の日本経済新聞では、一面トップでソニーと
サムスンの合弁解消、そしてパナソニック3千億
円赤字の記事です。

いずれもテレビ事業に関連するものです。

リーマンショック後の景気低迷を改善するために、
エコポイントを導入しました。

折からのアナログ放送停止と重なり、空前のデジ
タルテレビブームになったのは御承知の通りです。

私の税理士事務所のある東京の豊島区池袋には、
ビックカメラ、ヤマダ電機が進出していますが、
デジタルテレビを購入するのに何時間も待つほど
売れました。

それなのに電機メ−カーは、テレビを売って赤字
だと言います。

家電量販店は、デジタルテレビ特需で利益が増え
ています。

何かおかしいと思いませんか。

過去に液晶パネルが不足したことがありました。

だから、合弁会社を設立して液晶パネルの確保
に動いたのに。

デジタルテレビの技術も、私たちが普通に見る
限りにおいては汎用技術で十分なのです。

3Dテレビなどは特殊なもので、なくても不便
は感じません。

そう考えますと、これからの日本の製造業はど
うしたら良いのでしょうか。

また、エコポイントは需要の先食いと言われま
したが、終了後にこのような結果になるのであ
れば、もう一工夫必要なのではないか。

苦しい予算の中から、減税、助成金を出し景気
の下支えをしています。

現状では、それらの対策を辞めたら急降下する
ような気がします。

本当に、出口が見えないのです。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!



posted by 森 大志 at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2011年10月30日

日本の元気は中小企業、地方の活性化から!

リーマンショック後の日本経済は、大変厳しい状況です。

景気が良くなったと言っても実感がない。

エコカー減税、エコカー補助金、エコポイント、雇用調整助成金
などの助成金等、様々な施策が行われた結果、何とか景気を
維持しているのです。

地方に目をやれば、シャッター通り商店街と言われて久しい。

東京でさえ、空き室、空き店舗が目立つのが現実なのです。

私は、昨年から顧問先の会社で幹部セミナーを開催しています
が、それは会社の活性化のためでもあります。

日本が元気になるには、東京などの大都市、大企業だけが良く
てもだめで、中小企業、地方の活性化が必要です。

歴史があり、美しい四季がある日本。

富士山、温泉、城、京都、秋葉原など観光資源は沢山あります。

また、観光資源の多くは地方にあります。

地方の活性化のためには、観光立国日本が必要です。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!


posted by 森 大志 at 07:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2011年10月28日

ハードよりソフト・任天堂の営業赤字に思う!

あの任天堂が営業赤字だと言う。

日本を代表する企業に何があったのか。

今日の朝日新聞の記事によりますと、
任天堂が27日に発表した2011年
9月中間連結決算は、本業のもうけを
示す営業損益が573億円の赤字にな
った。
中間連結決算の公表を始めた2000
年以降、営業赤字になるのは初めて。
有力ソフトの不足による販売減や、ゲ
ーム機の値下げによる収益の悪化が響
いた。

収益悪化の原因は、
2月発売の携帯型ゲーム機「ニンテン
ドー3DS」の販売不振が続き、8月
に約4割の大幅値下げを実施した。

3Dテレビが発売されたときに、テレビでは3Dの
良さが生かせないと思いました。

ただし、ゲームの世界では3Dを生かしたソフトが
出てくれば大ヒットの可能性があると思ったのです
が。

やはり、3Dソフトの開発は容易ではないのです。

開発費がかさむことも、ネックになっているのかも
しれません。

2010年3月29日のこのブログで、
『今年は3D元年になるのか・3Dの行方は!』という
下記の記事を書きました。


薄型テレビが、エコポイントの影響もあり売れています。

そして、エコポイントの対象になる薄型テレビが4月
1日から変更になるので、旧製品が3月31日までの
お買い得商品として売れているのです。

私の税理士事務所は東京の豊島区池袋にありますので、
ビックカメラ、ヤマダ電機の競争が激しく、その結果、
多くの買い物客であふれています。

先日もヤマダ電機の1階(テレビ売場)を通った時に、
多くの買い物客を目にしました。

一体なんだろうと思いましたが、週刊誌などで3月中
に薄型テレビを購入すると安いという記事を目にしま
したので、その影響でしょうか。

ご存じのように、今までの薄型テレビはメーカー間の
過当競争もあり急激に価格が下がった影響で儲かりま
せん。

そこで、特に日本メーカーは技術力をいかし、今年は
3Dテレビで勝負する考えのようです。

今年は、そういう意味で3D元年という人もいます。

特に、3D映画のアバターが世界的に大ヒットしたの
で、その期待も大きいのでしょう。

映画は大きな画面で見ますから、3Dの特色を生かす
ことができます。

そういう意味で、3Dにあったソフトの供給ができれ
ば、それなりの支持は受けると思います。

しかし、テレビはどうでしょうか。

ここで思い出すことがあります。

日本映画に「黒部の太陽」というのがありますが、故
石原裕次郎氏が社運を賭けて製作した映画です。

日本の高度成長期に造った黒部ダム建造の苦労を描い
たものですが、そのスケールの大きさに初めて見た時
(子供でした)に驚いたものです。

今では、様々な映画の公開後テレビ放映が行われます。

最初からテレビ放映、レンタルを考えて製作している
面もあるのです。

しかし、「黒部の太陽」は石原裕次郎氏の意向で映画
館以外では見れないと聞いた覚えがあります。
(記憶違いかもしれませんが)

スケールの大きい映画は、映画館の大きなスクリーン
で見て、その良さが実感できるのだと。

同様に現時点(あきらめてはいません)では、3Dテ
レビは非常に難しい。

たまに行く映画館だから3D眼鏡をかけますが、日常
的なテレビを見るときに3D眼鏡をかけるかどうか。

そして、それにあうソフトが揃うかどうか。

テレビ局などの経営が苦しく制作費を抑えている現状
で、3D用のソフトの開発ができるのか。

課題は色々ありますが、ゲームの世界においては3D
技術を生かしたソフトが出てくれば、大ヒットするの
ではないかと思っています。

いずれにしても、まだ始まったばかりですので、今後
の挑戦に期待したいと思います。


記事はここまでです。


これからは、ハードよりソフトの時代だと言われて久しい。

特に、日本企業がこれから海外企業と競争していくには
ソフトが重要になります。

ハードは過当競争で、薄型テレビのように、いくら売っ
ても儲からない現実があります。

今回の任天堂の営業赤字は、とても残念です。

このままでは、ソニーと同じになってしまいます。

任天堂の奮起を望みます。

これから危機感を共有して、みんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!


posted by 森 大志 at 06:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2011年10月27日

国勢調査初めての人口減少、制度改革が必要!

昨年の国勢調査の結果が、明らかになりました。

今日の朝日新聞によりますと、
2010年10月1日現在で
国内に住む日本人の人口は1
億2535万8854人で、
5年間で37万1294人
(0.3%)減った。
総務省が26日、5年に1度
の国勢調査の確定結果を発表
した。

日本は少子高齢化が進行していると言われますが、
人口減により裏付けられました。

いま年金の受給年齢が問題になっています。

年金は現役世代の保険料で支えられているので、
制度改革が必要なのは明らかです。

100年安心から、急に支給開始年齢が変更に
なる提案が出てきます。

若い人たちは、年金保険料を支払っても将来もら
えないと言います。

そんなことはないと言っていたのに。

簡単にある日突然に、変更になる提案。

どう考えても、前からわかっていたのに隠して
いたと言われても反論できないでしょう。

これでは、国の言うことが信用されなくなって
しまいます。

現に福島第一原発の放射能汚染について、疑心
暗鬼で風評被害が止みません。

情報を隠して、後になって全然違うことが表面化
することのリスクを重視すべきです。

まして、今のようなインターネットが発達してい
る時代では、様々な情報が氾濫します。

そうしますと、国の言っていることより、ネット
の情報の方が信用され独り歩きします。

本当に怖いのです。

また、国勢調査の結果、高齢化が進んでいること
が明らかになっています。

65歳以上の人口が全人口の23.0%となり、
世界一です。

すべての政策が後手後手になっています。

これから危機感を共有して、みんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!


posted by 森 大志 at 08:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2011年10月26日

ギリシャ危機の欧州の包括策が決まらない!

一昨日、欧州の危機は包括策が決まり、ひとまず落ち
着きを取り戻しそうだと書きました


『ギリシャ危機に端を発した欧州の危機は、ひとまず
落ち着きを取り戻しつつあります。

しかし、今回の増資額については少ないと思う。

ギリシャ国債の損失が5割を超えると言われている
中では、もの足りないのである。

一番まずいやり方は、足りなくなった時にあわてて
追加する方法です。

要するに、見通しが違った訳です。

そうすると、政策に対する信頼感が失われます。

危機が危機を呼ぶ悪循環になるのです。』


その時に、私見では銀行に対する資本注入額が少ない
とも書きました。

それから何日もたたないのに、包括策が決められない
状況です。

ギリシャの政府債務の損失を、どこまで金融機関に
負担させるのか。

当初の案より、多く負担させようとしています。

国債の21%削減から、8割カット案が検討されて
います。

そうすると、私の心配していたように資本注入額が
足りないのです。

必要額ではなく負担できる額で決めたと思われます。

ですから、今になって必要額が大きくなり、負担で
もめるのです。

そういう意味で、欧州の危機は目が離せない。

これから危機感を共有して、みんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!





posted by 森 大志 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2011年10月24日

包括策合意だが、ギリシャ危機からのEUの混乱は続きそう!

今日の日本経済新聞によりますと、
欧州連合(EU)加盟」27カ国は
23日の首脳会議で、欧州銀行の大
幅な資本増強で大筋合意した。
必要な増資額は1000億〜110
0億ユーロ(約10兆6000億円
〜11兆6600億円)規模になる
見通し。
銀行への資本注入や国債買い取りの
役割を担う欧州金融安定基金(EF
SF)の拡充、ギリシャ支援の強化
と併せた「包括戦略」は、26日の
首脳会議での最終合意に向け前進し
た。

ギリシャ危機に端を発した欧州の危機は、ひとまず
落ち着きを取り戻しつつあります。

しかし、今回の増資額については少ないと思う。

ギリシャ国債の損失が5割を超えると言われている
中では、もの足りないのである。

一番まずいやり方は、足りなくなった時にあわてて
追加する方法です。

要するに、見通しが違った訳です。

そうすると、政策に対する信頼感が失われます。

危機が危機を呼ぶ悪循環になるのです。

EU加盟国は27カ国ですが、その中は様々です。

ですから、危機の時の資金負担一つとっても余裕の
ある国とない国に分かれます。

だから今回も、加盟国がギリギリ負担できる額で
まとめようとしています。

資本増強等に十分な額ではなく、ギリギリ負担でき
る額なのです。

そう考えますと、一時的に欧州の混乱は収まるかも
しれませんが、実体経済が明らかになり金融機関の
経営難が表面化すれば厳しいのです。

そうなると、日本の欧州向け輸出も苦しくなるでし
ょう。

アメリカ、中国も含めて世界経済から目を話せない
ですね。

これから危機感を共有して、みんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!


posted by 森 大志 at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本