記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2012年01月22日

消費税の増税は理解していますが、経済は感情で動くことは忘れないでほしい!

今日は日曜日なので、朝からテレビでは政治家の方々の
討論番組が多い。

そんな話の中で、疑問があります。

消費税の1%増税で2兆7千億円、社会保障費の毎年の自然
増が1兆3千億円という数字を聞いたからです。

今まで私が理解していたのは、消費税の増税が1%の時は
2兆5千億円だったのが、2兆3千億円くらいに、社会保障
費の自然増が1兆円というものです。

頭が混乱して何が本当なのか分からない。

消費税をどうしても増税したいので、危機感を煽るのなら
逆効果だと思う。

長期的には同じだとしても、余りに危機感を煽ると目先は
消費不況になると心配です。

日本経済の中で、個人消費の占める割合を考えるからです。

「経済は感情で動く」とは、上手い言葉だと思う。

リーマンショック後の経済底上げのために、いくらの補正
予算を使ったかを考えれば分かります。

国民は消費税の増税は理解しています。

だから、危機感を煽るのではなく、納得させる努力が必要
なのです。

納得とは、無駄の削減などでやることはやったと言うこと
です。

下手な言いわけは逆効果だと思います。

最近は、若い人と話しても日本を何とかしたいと言います。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!



posted by 森 大志 at 13:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年01月21日

消費税の改正論議は大切だ!

消費税の改正論議が高まり、新聞、テレビ、雑誌等で
取り上げられることも多くなってきた。

もはや消費税の増税について避けて通れないのは、
誰もが分かっていると思う。

ただ、忘れてならないのは多くの人が増税はやむを得
ないと思っていることだ。

本当は嫌だけど、国の財政危機を考えると理解するし
かないと言うことだ。

だから無駄を徹底的に省くという前提が欠かせない。

それというのも、リーマンショック後の日本経済を考
えると分かる。

上場企業の利益が増えたといっても、その内容は増収
よりも原価低減、経費削減で利益を出している。

そして、原価低減、経費削減の相手方は、中小企業が
多い。

結果として、多くの中小企業が収入の減少などで苦労
されている。

このような実態を理解して消費税の増税論議を進めな
いと、国民の反発を招くだろう。

また、社会保障費の自然増が毎年1兆円増えるままで
は、難しいのではないか。

消費税の増税分を社会保障費に充当すると言っても、
だから増税(今回は別として)して良いとならない。

そうでないと、社会保障費が足りないからと歯止めな
く増税しなければならなくなるのは明らかである。

社会保障費の見直しもしなければ、世代間格差も縮ま
らない。

いずれにしても、現実に目を向けて消費税の改正論議
を大いに交わしたい。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!



posted by 森 大志 at 06:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年01月19日

中小飲食店の廃業が続く!

私の税理士事務所は、東京の豊島区池袋にある。

池袋と言えば都内屈指の繁華街であるから、土日は
驚くほど多くの人が集まる。

そんな池袋にある飲食店でも、お客様の入りは良く
ない。

やはり消費者の財布の紐が固くなっているのか。

最近近所の飲食店が廃業すると聞き、やはりという
感じだ。

一時は多くのお客様で賑わった均一居酒屋も、最近
では当時の勢いはない。

また、最近開店した牛丼店もいまいちのお客様。

立ち食いそば店なども、そこそこのお客様。

厳しい日本経済を映しているようだ。

でも、そんなお店が多い中、超繁盛店もある。

ただ安いだけでは集客出来ない。

何が違うのか。

自分の目で確かめるしかない。

今日も新年会で、ネットで検索したある飲食店に
行くが、繁盛しているかどうか、この目で確かめ
たい。

中小零細の飲食店の健闘をお祈りいたします。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!





posted by 森 大志 at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年01月18日

東京電力の電気料金値上げの影響はどうなる

東京電力の企業向け電気料金が値上げされます。

このブログでも、製造業の地産地消の動きを書いて
来ました。

さすがに今回の値上げは、この動きがさらに加速
されそうです。

昨年からの円高で製造業は苦しく、余裕がありません。

そんな中での値上げ。

東京電力と言う一企業の問題ではなく、日本全体の
問題として、電気料金を考える必要があります。

日本の電気料金は世界的に見て、高いのか安いのか。

日本と同じように、海外から発電燃料を購入している
国は多いはずです。

そんな国と比較してどうなのか。

電気料金は、製造業のコストに直結する重大事です。

国は今回の件に関して、どのように考えているのか。

日本のエネルギー政策を知りたい。

福島第一原子力発電所事故で、どのように変更する
のか。

丁寧な説明がほしいですね。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!




posted by 森 大志 at 11:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年01月17日

東北に復興特需の記事を読んで・復興需要の在るうちに戦略を考えたい!

今日の朝日新聞の経済面では、東北に復興特需と
言う記事が書かれている。

東北随一の歓楽街である仙台市の国分町で、深夜
まで客足が絶えないそうだ。

まるでバブル真っ盛りの頃、夜中の1時過ぎに東
京の池袋でタクシーを拾えなかったことを思い出
す。

東日本大震災からの復旧から復興へと舵が切られ、
公共事業を中心として多額の資金が投入されてい
るので、ある意味当たり前のことでもある。

ここで考えなければならないのは、リーマンショ
ック後の経済の状況だ。

急激な景気後退を防ごうと、世界各国で国債を発
行し景気対策を行った。

それは、急激な変化を緩和する時間稼ぎでもあっ
た。

重要の先食いと言われたのはそのためだ。

今回の復興特需は需要の先食いとは違う。

ただ、復興が終われば需要も無くなるのである。

重要の先食いが大きな反動を生んだのは、薄型テ
レビの販売を思い出せば明らかである。

そのような反動はないが、やはり復興後の青写真
がないと厳しい。

そういう意味で、戦略がほしい。

1プラス1が2以上になる戦略だ。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!




posted by 森 大志 at 07:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年01月16日

欧州の銀行は資本増強が出来るのか、それとも貸し渋りか?

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)
によるフランス、イタリアなどユーロ圏9カ国の国債の
格下げは、新たな不安がくすぶっている。

ヨーロ危機は、中国などの輸出に影響しひいては日本の
輸出にも影響する。

危機の連鎖が怖い。

銀行の信用を見る指標として自己資本比率があるが、
この自己資本比率を上げるために資本増強を求められ
る。

ただ、経営不安がある銀行の資本増強に応じるところ
は限られる。

そうすると、自己資本比率を高めるために貸し出しを
絞ることになる。

これが、良く言う「貸し渋り」だ。

銀行から貸し出しを受けられないと、すぐに貸し渋り
と言う人がいるが、そんな単純な問題ではない。

業績が悪いのに貸し出しを断られた会社まで、貸し渋
りと言うのは疑問である。

本来、業績も順調であるのに融資を受けられないこと
をいうと理解している。

だから深刻な問題なのだ。

貸し渋りがあると、健全な会社であっても経営危機に
直面することがある。

今回の欧州の動きは、まだ日本の金融機関に影響は
出ていないが、早め早めの対応が求められる。

特に、中小企業に対する貸し出しの多い、地方銀行、
信用金庫等の中小金融機関に対する資本増強を考えた
い。

改正金融機能強化法を積極的に活用してほしいものだ。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!



posted by 森 大志 at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年01月13日

欧州の財政危機は緊縮財政政策だけでは乗り切れない・日本も同様だ!

ギリシャ危機に端を発した欧州の財政危機は、薄氷を
踏むような対応が続いている。

今日の日本経済新聞の記事では、欧州中央銀行は12日
定例理事会を開き、ユーロを採用する欧州17カ国で共
通の政策金利を年1.0%で据え置いた。

その動きに、スペイン、イタリアの心配されていた国
債入札も無難に終了し、一安心だ。

ただ、財政危機に対応して緊縮財政政策で臨むので、
景気が低迷すれば失業問題の解決が遅れる。

いまや、世界中で若年層の失業が問題になっている。

日本においても同様であるが、失業が長引けば職業
スキルが身に付かず、結局、低賃金のアルバイトな
どしか働けない。

無駄を省けと言うのは簡単であるが、景気が低迷すれ
ば、日本のような直接税に頼っている国は税収が減る。

消費税1%で、2兆5千億円の増収と言われていたのが、
今や2兆2千億円という声も聞く。

四面楚歌の状況なのだ。

不況と言うのは、弱い人にしわ寄せが行くから、中小
零細企業は大変な困難に直面している。

このままでは、日本の将来が危ない!

私は、そんな中小零細企業向けの経営セミナーを行っ
ているが、地道な活動も大切だと思っている。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!







posted by 森 大志 at 10:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年01月12日

上場企業が減っている、日本の活力は大丈夫か!

今日の日本経済新聞によりますと、上場企業が大幅
に減少している。
国内の証券取引所に上場する企業が昨年1年
間で53社減り、3593社と2001年以来10年ぶり
の低水準になったことが分かった。グループ経
営の効率を高めるため、上場子会社を吸収する
企業が増加。MBO(経営陣が参加する買収)
による上場廃止も目立つ。株安が響いて新規公
開は停滞し、新陳代謝が進まないまま市場が
縮んでいる。

最近の株価の低迷は、目を覆うばかりである。

高度成長期は、株を購入して長期保有すれば、投資
した会社も成長し、それが株価に反映したから大き
な利益を得ることができた。

しかし、今は株式に投資してもどうなるか分からな
い。

逆に、大型増資が行われ一株利益が減少することさ
えある。

株式に投資する魅力に乏しいのである。

また、上場する会社にとっても上場のコストが負担
になっている。

株式市場の活性化がいわれて久しいが、問題はより
深刻なのだ。

今回のオリンパスの問題は、より株式投資に慎重に
なるだろう。

ただ、そうは言っても株式市場が機能しなければ
意欲のある新興企業に資金は回らなくなる。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!



posted by 森 大志 at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年01月11日

お客様が全然いない居酒屋に唖然とした!

昨日は友人と新年会でした。

私の税理士事務所は、東京の豊島区池袋にあります。

そこで、場所は池袋にしました。

割合に良く利用するチェーン店が経営する居酒屋に
行ったのですが、お客様が全然いないのです。

広いフロアは100人以上入りますが、当初は10人位
でしょうか。

後から少しお客様が来店しましたが、それでも20人
超です。

こんなに少ないのは初めてです。

昨年の12月はどこも混んでいました。

1月はその反動なのか。

ただ、この店は低価格で飲める店なのですが、混んで
来るとオペレーションが悪くなります。

アルバイトが多いためか、注文しても中々お酒や料理
が来ないのです。

一度ならず何度かそれを経験しますと、行くのを躊躇
してしまします。

価格が安いのも、何度か利用すると当たり前になり、
なれるのです。

本当にビジネスは難しいですね。

このチェーンは、もう一度オペレーションを見直し
た方が良いです。

安かろう悪かろうでは、結局安くないからです。

安売り競争でない、低価格の仕組みを見直したい。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!


posted by 森 大志 at 10:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年01月09日

千葉県人口減、人口減少社会が現実のものになってきた!

日本は少子高齢化が進んでいると言われている。

今日の朝日新聞の記事によると、千葉県の人口が
昨年、1920年の統計開始以来初めて減少する
らしい。

首都圏はまだ大丈夫と思っていたが、人口減少社会
が現実のものになる。

高度成長期に開発された街で、若い人が流出し高齢
者が中心の街になった結果である。

私の税理士事務所は、東京の豊島区池袋にあります
が、土日には信じられないくらいの人で賑わう。

そのような街があるかと思えば、高齢者が多い街
がある。

ただ、全体として人口減が進むのは間違いない。

少子化が進んでいるので確実である。

それなのに年金は、現役世代が支える仕組みに
なっている。(賦課方式)

それで足りないと、年金保険料を上げ、本人負担
のみならず会社負担まで増やす。

小手先の変更では無理なのに!

積立方式に変えないと年金制度を維持できないのは
明らか。

雇用延長を義務付けるのは良いが、製造業は地産
地消が進む。

日本は鎖国しているのではない。

企業の負担ばかり増える国に、企業は残らない。

現実を直視して考えなければならないのだ。

今考えないでいつ考えるのだろう。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!


posted by 森 大志 at 11:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年01月07日

消費税の増税は丁寧な説明が必要だ!

消費税の増税論議が大詰めを迎えている。

今の歳出規模だと税収が足りないので、何とかしない
といけないのは確かだ。

ここまでは誰でも考えている。

逆にこのままで良いと思っている人はいないだろう。

問題は増税の処方箋をどうするかだ。

このブログで、「消費税率のアップはやむを得ない?」
という投票をお願いしている。

今日現在のその内訳は、

無駄をなくしてから上げる  42.7%
絶対にいやだ          25.2%
目的税として上げる      15.7%
上げるのはやむを得ない  15.3%
わからない           01.0%

となっている。

最初に今の歳出規模だと税収が足りないと書いたが、
今の歳出規模を無駄と見るかどうか。

今の歳出先イコール既得権ということも出来るが、
無駄はあるのか。

国会議員の定数削減、公務員給与の削減を実現する
と言っているが、本当に出来るのか。

赤字会社を再建する場合は、無駄でない部分も削減
するが、国はどうするのか。

厚生年金の加入範囲を拡大するが、中小企業に社会
保険料のこれ以上の負担能力があるのか。

毎年1兆円ずつ増えると言われているが、社会保障費
の負担増を見ても、これからも同じ内容を維持できる
のか。

考えることは沢山あります。

私はとりあえず消費税を福祉目的税化して、基礎年金
部分を消費税で賄う方向が良いと思っています。

会社が負担する社会保険料を減らす方が、雇用を守る
意味からも良いと思うからです。

おそらく、厚生年金の加入者拡大は簡単には決まらな
いし、決まったら業務請負という形が増えるでしょう。

良いとか悪いではなく、中小企業の負担能力から言え
るのです。

いずれにしても、徹底的な議論と丁寧な説明が必要
なのは言うまでもありません。

それが出来なければ、これから政党が何を言っても
信用されないでしょう。

マニュフェストが守れないことで、無理な説明を
しますと、返って不信感が増すばかりです。

上手く説明しているつもりでも、それはマイナスです。

国民はそんなに馬鹿ではありません。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!




 
posted by 森 大志 at 16:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年01月06日

やはり1番が良い、今年のマグロ初競りは大間産5649万円!

昨日の築地市場の初競りで、大間産のマグロが最高値の
5649万円で落札された。

昨年の3249万円を大きく上回る史上最高値である。

1番を目指して競りが過熱し、信じられない高値。

昨年までは、銀座の老舗寿司店久兵衛と香港の寿司チェ
ーンが共同で落札していたが、今年はすしチェーンのす
しざんまいが落札した。

同じ日に落札された217キロの大間産マグロは、
500万円以下だったようです。

1番と2番以下の金額は、信じられない開きがあります。

1番を落札した「すしざんまい」は、昨日から今日まで
テレビで取り上げられ宣伝効果は抜群です。

そう考えると、5千万円を超えても高くないですね。

やはり、1番が良い。

昨年は休漁中で初競りに参加しなかった大間漁協も、
今年は意地でも1番を奪還するとの意気込みで初漁を
早めて参加。

皆さんの努力に敬意を表します。

新年早々縁起のいい話で、今年の景気も良くなれば
嬉しいです。

今年はスタートしたばかりですが、今年1年頑張りま
しょう。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!






posted by 森 大志 at 08:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2011年12月28日

日本は素晴らしい、カルロス・ゴーンさんの言葉に救われた!

日本経済新聞12月23日の朝刊に、日産自動車社長の
カルロス・ゴーンさんのインタビュー記事がありま
す。

ゴーンさんは長く日産自動車の経営に携わっていま
すから、日本について詳しいはずです。

そのゴーンさんが、今回の東日本大震災からの回復
の早さに驚いています。

日産の場合は、9月末には再びフル生産出来るまで
回復しました。

だから、日本は世界第3位の経済大国になったのだと。

人びとは、大震災と言う災いの中でも規律を守り、
コミュニティーのために献身的に努力していると
賞賛しているのです。

日本人では当たり前のように行っていることが、
賞賛される。

まだ、日本も捨てたものではないと思うと同時に
、この活力を何としても日本再生のために生かし
たい。

同じインタビュー記事のなかで、今年の世界の新
車販売は約7500万台で、過去最高を塗り替えそう
なことも話されています。

日本にいると景気の悪い話ばかりですが、広く世
界に目を向けると、まだまだ成長しています。

来年も諦めずに頑張りたい。

私は素直にそう思いました。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!



posted by 森 大志 at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2011年12月27日

金融庁・中小企業金融円滑化法の再延長の方針!

今年の3月末が期限であった中小企業金融円滑化法。

直前の東日本大震災の発生もあって、1年延長されて
いますが、来年はどうするのか注目されていました。

ヨーロッパの財政危機から世界経済が不安定になって
います。

そう考えると、再延長もあるのか。

それとも、たんなる延命に過ぎないのでやめるべきか。

一部の会社を除き、中小企業の業況は大変厳しい。

そして、中小企業金融円滑化法の適用を受けている
会社も大変多いのです。

そのような中で、どのようにソフトランディングする
かが、悩ましい問題でした。

金融機関は止めたいようですが、現実にはどこで線を
引くかが難しい。

問題の先送りだと言う批判も多いのは事実です。

しかし、一歩間違えれば倒産急増になりかねないの
ですから、簡単ではないのです。

昨日の朝日新聞夕刊に、金融庁が中小企業金融円滑化
法の再延長する方針を決めたとの記事がありました。

その記事を見て、なにかほっとしたのは私だけでは
ないと思います。

私は、税理士として普段から多くの中小企業に接して
います。

東京の豊島区池袋に税理士事務所を構えていますから、
シャッター通り商店街とは無縁です。

地方に比べれば、まだ恵まれているのかもしれません。

しかし、いま中小企業の活性化を図らなければ日本の
将来はないくらいの危機感を持っています。

昨年から、中小企業の活性化のための経営セミナー
行っていますが、少しずつ手ごたえを感じています。

やはり、私たち中小企業は勉強するしかないのです。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!







posted by 森 大志 at 07:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2011年12月24日

なんでも「改革」と言うけれど、丁寧な説明がほしい!

最近では、新しい仕組みを考えるのに改革と言う言葉が
使われる。

改革とは、従来の制度を改めてより良い内容にすること
を言うと理解していましたが、最近では改革という言葉
が多用されています。

制度を変えて負担が増えるのに改革だと言います。

確かに、ここで制度を変えれば長期的には負担が少なく
て済むということかもしれない。

でも、改革の実感が感じられないのです。

インターネット時代は、情報の格差が縮小しています。

ある情報が、瞬時にして広まり共有されます。

福島第一原発事故の情報もネット上では氾濫しましたが、
政府情報より信頼されているものもありました。

後日、政府が混乱を恐れ情報を操作していたことが分か
り、やっぱりなと思った人も多かったのです。

このことが疑心暗鬼になり、風評被害を増長させた遠因
(原因とは言いませんが)かもしれないのです。

放射能検査をして瓦礫を受け入れると言っても、根強い
反対があります。

ケーキに栃木のイチゴを使っていないかという、問い合
わせがあると聞きました。

こんなに科学が発達している日本で、合理的でない行動
が目立ちます。

信頼感が欠如しているからでしょう。

情報を隠すのではなく、丁寧な説明が必要なのです。

改革という制度改正でも、不利なことは説明せずこんな
に有利だと言います。

年金でさえ、いままで自己負担より受給する額の方が多
いと損得で説明されていました。

違うのです。

国民はバカではありませんから分かっています。

それなのに、情報を隠してごまかそうとするからだめな
のです。

今の日本の苦境が、過去の積み重ねであることは誰でも
分かります。

そうであるならば、今の日本の状況を丁寧に説明して、
痛みを分かち合って日本を再生する覚悟を、リーダー
シップを発揮して示してほしいものです。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!



posted by 森 大志 at 08:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2011年12月23日

東電、電気料金値上げで地産地消は進む!

昨日、東京電力は電気料金の値上げを発表しました。

火力発電所の燃料費が経営を圧迫しているのが、
原因とされています。

いま、日本の製造業は円高により苦境に陥っています。

電気料金の値上げは、その製造業のコスト増加要因です。

今までも日本の電気料金は割高だと言われてきました。

それなのに、値上げです。

おそらく料金の決め方が、コスト+利益で決められて
いるのでしょう。

それではコスト意識が働かないことは、わかってきています。

先進国で世界一高い電気料金かもしれない。

補助金を出して工場の国内立地を維持しようとしていますが、
本当にできるのでしょうか。

工場は造ったが、機械が動かないのでは困ります。

成長著しい新興国経済、そして海外メーカーは新興国
に進出しています。

いやでも、競争上日本のメーカーも追随しています。

地産地消が進んでいるのです。

今年度の貿易赤字は間違いないようです。

東日本大震災があったから、今年は特別だと言えるのか。

日本を代表する家電メーカーが、薄型テレビ事業で利益
が出ない現実。

危機感はないのでしょうか。

イラン情勢の悪化により原油価格の上昇が予想される中、
不況下の物価高になることを心配しています。

財政に余裕がありませんから、できることは限られます。

社会保障費が毎年1兆円ずつ増えていますが、その中身
は意外と知りません。

収入が足りないから税収を増やしたいのは分かります。

ただ、これから国民みんなが自覚して痛みを分かち合う
ことが必要です。

だから、十分な説明が重要なのです。

無駄の削減が十分でないという声があります。

民間企業は血の出るようなリストラをしていますが、
それに比べて甘い。

私は税理士として、多くの中小企業の社長と接して
いますが、みなさん苦しんでいます。

本当に苦境に立たされているのです。

怒っている社長も多く、次の選挙で爆発しそうです。

マニュフェストにとらわれ過ぎているという声を聴
くと、マニュフェストとは何だったのだろうと思い
ます。

目先の電気料金の値上げは避けられないのでしょうが、
国家戦略に基づいた対応を考えたい。

来年のことを考えると、本当に危機感が足りない。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!








posted by 森 大志 at 11:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2011年12月19日

過去の延長線上には未来はない!

私たちが経営について勉強するのは、過去のことである。


東京企業戦略塾も、とことん事例にこだわってはいるけれど、
やはり過去の事例。


事例に基づく勉強会なので、成功事例だけでなく失敗の事例
も取り上げています。


今までは、過去の成功事例がこうだったからこうしよう、と言う
ことでやってきました。


しかし、どうなんでしょうか。


私は、これからは過去の成功事例が当てはまらない時代に
なって行くと思っています。


社会保障費が毎年1兆円増え続ける日本。


それに対して有効な手当てがなされません。


もう限界なのは、みんなが分かっている。


分かっているけど、自分の負担は増やしたくない。


総論賛成、各論反対ということです。


ただ、各種統計データを見ると様々なことが分かります。


東京企業戦略塾では、日本の各種統計データの分析も
行い、未来予測を行っています。


その結果は、これからは大変厳しい時代だということ。


過去の延長線上に未来はない!


ただし、そんな時代であっても業績の良い会社もあります。


だから、私たち中小企業はしっかり勉強して、生き残りを
図りましょうと言っているのです。


経営と言うのは一生勉強です。


私と一緒に勉強しましょう。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!





posted by 森 大志 at 09:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2011年12月18日

東京の豊島区池袋の多くの人出を見ると、日本もまだ捨てたものではない!

私の税理士事務所は、東京の豊島区池袋にあります。

昨日は、池袋駅に隣接している西武百貨店に買い物に
行きました。

池袋駅構内を歩いて行くのですが、人、人、人です。

本当に多くの人が、買い物などで訪れています。

東京などの都会の姿かもしれませんが、この多くの人々を
見ますと日本もまだ捨てなものではないと、安心します。

まだ、まだ活力があるからです。

この活力があるうちに、日本再生のために頑張りたいですね。

そのためには、私たち一人一人が精一杯自分の出来る範囲で
行動することです。

今年はもうすぐ終わりますが、未来は自分でつくるものです。

諦めずにみんなで頑張りましょう。

私は、来年も東京企業戦略塾、顧問先セミナー、執筆等
頑張ります。

理美容室を応援しているサロンアプリケーションズセミナーも、
出来る限り協力して行きます。

今後ともよろしくお願いいたします。


日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!



posted by 森 大志 at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2011年12月16日

ヨーロッパ危機の根は深い・12月の日銀短観は予想通りでした

日銀が15日に発表した12月の企業短期経済観測調査
によると、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)
は、大企業製造業でマイナス4となり、前回調査から
6ポイント悪化した。(15日の日本経済新聞より)

やはり、ヨーロッパの経済、財政危機が影響してい
ます。

ヨーロッパが悪いと、ヨーロッパに輸出している中国
も悪くなる。

おそらく、この動きはしばらく続きそうです。

ヨーロッパの危機対応の中身は、無駄の削減などの
緊縮財政です。

お金がないので、予算を削減する。

当たり前のことですが、それは経済が縮小すること
でもあるからです。

言葉は悪いですが、景気対策で国が借金をしてお金を
ばら撒くことで、経済を維持していた。

その間に、実体経済が良くなることを期待していた。

しかし、実体経済が良くならない。

国もこれ以上借金を出来なくなった。

それが出来なくなったから、危機が表面化したのです。

このことは、ヨーロッパだけの問題ではなく、日本や
アメリカも同様です。

12月と言えば忘年会、昔は飲食店などは多くのお客様
で賑わい、入店出来ないこともありました。

今年は、一部の人気店を除き、そんな心配はありません。

微妙に影響しているようです。

来年の1月。2月の景気はどうなるのでしょうか。

中小企業の倒産が増えないように祈っています。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!



posted by 森 大志 at 10:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2011年12月14日

65歳まで再雇用義務化・本当に出来るのだろうか!

今日の笹日新聞の記事で、厚生労働省が年金の支給
開始年齢引き上げに合わせて、65歳まで希望者全員
を再雇用するように企業に義務付ける方針を固めた
そうだ。

年金の支給開始年齢引き上げの議論の中で、定年後
年金が支給されるまでの生活はどうするのか、とい
う疑問にこたえる内容です。

本当にこのように出来るのであれば、問題はありま
せん。

しかし、これから日本の企業は海外で厳しい戦いを
しなければなりません。

今の円高によって、大企業のみならず中小企業まで
が企業存続をかけて海外に進出しています。

先日、薄型テレビの販売で大きな赤字を出したパナ
ソニックが白物家電で攻勢をかけるようです。

おそらく、日本国内で製造することはなく、現地生
産になります。

中小企業の多くが赤字の中、65歳までの再雇用義務
化が本当に出来るのでしょうか。

多額の雇用調整助成金を支給して雇用を守っている
現実の中で、疑問です。

最低賃金を10円上げるのさえ、大変苦労しています。

このままでは、企業も防衛しますから雇用と言う形態
がなくなる恐れさえあるかもしれない。

請負という外注費で処理する形態に変わる可能性を
感じます。

理想と現実のはざまで、しっかり議論したいですね。

いろんな意味で、企業の負担を今以上に増やすのは
難しいのではないでしょうか。

現実は厳しい。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!



posted by 森 大志 at 15:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本