記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2012年02月22日

ついに限界だ、マツダも海外シフトに動く!

今日の朝日新聞の記事によると、自動車メーカーの
マツダが最大で1700億円の資本増強に乗り出す。

そのわけは、2012年3月期に1千億円の赤字になるからだ。

それも4期連続と言う。

リーマンショックから赤字が続いている。

経営危機といってもよいだろう。

その赤字の原因が、約7割の国内生産比率だという。

マツダと言えば、広島の主力企業でもある。

だから、海外展開が遅れたのかも知れない。

いまどき約7割も国内で生産しているなんて、本当に
驚きだ。

でも、今回の赤字で海外生産を増やすという。

これは、マツダだけのことではないと思う。

日本の製造業は、地産地消に活路を見出すしか生き
残れない。

昨日も書いたが、電力料金、社会保険料の負担増など
日本国内で製造業がやっていくのは難しくなっている。

政治は、その現実を直視してほしい。

今までの制度、仕組みを維持するために、今までの
延長線上で考えるのは、もう無理です。

いま中小企業の多くが赤字で苦しんでいます。

倒産が減っているといっても、緊急保証制度、金融
円滑化法などのおかげです。

ただ、統計に表れない廃業が増えています。

だから、会社の負担が増える政策は無理があります。

日本はやって行けるのでしょうか。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!


posted by 森 大志 at 16:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年02月21日

パートの社会保険拡大は慎重にお願いいたします

今日の日本経済新聞電子版によると、社会保険のパート
への適用拡大について大詰めを迎えている。

厚生労働相は、「非正規労働者は雇用者の4割になり、
バックアップは経済成長のためにも必要だ」と言ったそ
うだ。

確かにおっしゃる通りだと言いたい。

非正規労働者は、雇用者の4割もいるのだから。

ただ、どうしてそうなっているかから考えないと、逆に
非正規労働者の方々を苦しめることになる。

最低賃金の引き上げがままならないのに、どうして企業
負担が増えることができるのか。

税には担税力という言葉があるが、社会保険料の負担能
力はどうなのか。

多くの中小企業が赤字で苦しんでいる今、なぜ今なのか。

強行すれば社会保険料の滞納が増え、強制徴収すれば企
業倒産が増えるでしょう。

理想と現実のはざまで、理想通りにいくのか。

まずは、同一労働同一賃金を確立して、パート労働者で
も仕事の内容にあった賃金をもらえるようにするのが先
ではないかと思う。

社会保険の加入に伴って、企業だけでなく労働者の負担
も増えるが理解していただけるのか。

生活が苦しい人からは、将来の年金より目先の手取り額
が多いほうがいいと言われそう。

また、女性が働きやすいように子供を預ける施設を増や
すほうが先でしょう。

優秀な女性が働けない現状のほうが、国にとっては損失
が大きいです。

いずれにしても、電気料金の問題もそうですが、企業に
とって負担が増える話ばかりです。

企業の海外進出がますます増えそうです。

日本はやって行けるのでしょうか。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!




posted by 森 大志 at 16:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年02月20日

世界的に株価が上がっているが資源、食糧も上昇している

世界的に株価が上昇し、景気が良くなると期待している。

ただ、経済危機に対応した金融緩和がもたらした相場だ
とも言える。

ある週刊誌の見出しでは、オバマ選挙対策相場という文言
もある。

日本経済はデフレなので、緩やかなインフレにしたいらし
いが、どうなんだろう。

インターネットの発達は、情報が瞬時に世界に広まること
を知った。

情報格差が縮まり、同じ情報を手にすることができる。

このような世界は、世界同一価格が進行する。

ビッグマック指数、最近ではユニクロ指数と言われること
がある。

ビッグマックやユニクロの価格を通して、為替の判断を
しているのである。

日本のデフレの象徴とも言われた牛丼の価格競争が、
一服しそうな雰囲気だ。

キャンペーンで牛丼価格を下げても、最近では消費者の
反応が弱くなった。

そのうえ、国産米の価格が上昇し、外国産米に変更する
らしい。

金融緩和は資源、食糧価格に様々な影響が出る。

インフレになっても給料は上がらないかもしれない。

そうすると負担ばかり増え、生活は苦しくなるばかりか。

これからの経済のかじ取りが難しい。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!






posted by 森 大志 at 07:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年02月16日

今日の日本経済新聞の記事から、日本の家電市場はどうなる!

今日の日本経済新聞の記事を見て、ついに来たかと
思ったのは私だけではないだろう。

『ハイアール、「三洋」製品投入』。

記事によると、
中国・海爾集団(ハイアール)は、15日、
三洋電機から取得した冷蔵庫と洗濯機で
「2015年に国内シェア15%を目指す」
と表明した。

三洋電機から取得した「AQUA(アクア)」ブランドを
前面に出して、攻勢をかけてくる。

今朝のテレビでは、小泉今日子が宣伝するということで
紹介されていたが、何の違和感もなかった。

今まであった中国の安売りブランド・ハイアールではなく
高級感あるアクアなのだ。

別の記事では、「家電国内市場1割減」。

昨年のエコポイント制度の導入により、需要の先食いを
したと言われるが、そのことが実感され始めている。

日本の家電国内市場が縮小する中での、中韓大手の攻勢。

パナソニック、ソニーなど日本のメーカーの真価が問わ
れるのは、これからだ。

日本メーカーの奮起に期待したい!

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!


posted by 森 大志 at 11:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年02月14日

人口激減社会を考える!

週刊現代の表紙に、人口激減社会「消える会社」と
言う見出しがあり気になって購入。

このまま行くと、日本の人口が8000万になり、うち
3000万人が老人になると言う。

このままでは、その通りだろう。

最近の話題は、消費税を始めとしてこのままでは、
大変なことになると言う話ばかり。

それでは、一般の人々は不安が募り、お金を使わなく
なるだろう。

収入が減れば、手っ取り早いのは支出を減らすことだ。

そして、収入を増やすことを考える。

当然の行動だろう。

日本人は知恵のない馬鹿な国民なのだろうか。

そんなことはないと思いたい。

ただ、今までの延長線上で考えても何も解決できない
のは明らかだ。

今までのやり方に問題があるから、今のようになった
からだ。

だから、思い切って変えないとダメなのは分かるはず。

トヨタが国内で作っていた乗用車を、アメリカで製造
する。

それをロシアなどに輸出すると聞き、日本はこれから
どうなるのだろうと思った。

すでに、アメリカの方が日本よりコストが低いのか。

のんびりしている場合ではない。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!





posted by 森 大志 at 11:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年02月11日

日本もギリシャのようになると言われるが!

日本の財政赤字が増え続け、このままではやって行けな
いのは、誰でも理解していると言ってもよいだろう。

最近のユーロ危機がギリシャ発なのでギリシャ危機とも
言われている。

日本もギリシャのようになってしまう、という危惧があ
る。

そのギリシャの財政再建策をどうするのかで、ユーロ圏
17カ国の財務相会合が開かれた。

その財務相会合で示された、ギリシャに対する追加支援
の条件が3つある。(朝日新聞による)

1.財政再建策の国会承認
2.追加の歳出削減3億2500万ユーロの具体策
3.財政再建への各与党党首の確約

国会承認だけでは安心できないので、各与党党首の確約
まで求めている。

当然であるが、歳出削減を先に実行しなければならない。

ギリシャの財政再建策に比べて日本はどうなんだろう。

最近の消費税の議論を見ていると、危機感が足りないの
ではないかと思ってしまう。

現在、国や地方の借金が膨大な金額になっているのは、
知らない人はいない。

そして、その借金が毎年増え続けている。

それも、急激に増えているのである。

年金、健康保険、介護保険などの制度を維持するために、
税金を投入している。

国の様々な制度が、その存立が危うくなるほど追い込ま
れているのである。

だから、本来保険料で賄われるべきなのに税金の投入を
しているのである。

それなのに、増税論議では制度の充実が語られる。

現状を維持するために負担を増やさなければならないの
に。

私は、現状を維持するのは無理で、社会保障費を削り負
担を増やさなければだめだと思っている。

年金の負担を増やすために、100年安心だと言ったの
は忘れない。

決して批判しているのではなく、そのようなリップサー
ビスをやめてほしいからだ。

今日の朝日新聞の診療報酬の改定の記事でも、「医療の
質上がるか」と大きく見出しになっている。

多くの健康保険組合が赤字であえいでいて、保険料が増
え続けて、私たちの負担も限界なのに。

質を落として制度を維持することを考えなければいけな
いのに、いまだに理想論だ。

平均以上の質を求めるのは自己負担にしなければ、保険
料の増加に歯止めをかけられない。

税には担税力という言葉があるが、収入が伸び悩む中、
私たちの負担能力も限界なのだ。

厚生年金の加入範囲を拡大することを考えているようだ
が、企業の実態を知っているのだろうか。

社会保険料の会社負担が増えるのだが、企業の多くは
中小企業で、その多くは赤字なのだ。

赤字の企業に負担を増やすことは、社会保険料の滞納が
増え、倒産を増やすだけである。

企業も赤字なので、負担能力も限界なのだ。

増税論議が進む中で、急速に消費者の財布のひもが固く
なっている。

将来不安の増加は、消費に影響が出るのだ。

多くの中小企業が不況であえいでいる中での、会社負担
を増やすことは無理だ。

自分の足で歩いて見て歩けば、お客様のいない商店街、
スーパー、飲食店など分かるはずだ。

理想と現実は違う。

本当に現実を直視した議論をしてほしい。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!




posted by 森 大志 at 07:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年02月10日

ソニーは再生出来るのか、再び有機ELテレビに挑戦!

ソニーが再び有機ELテレビに挑戦!

今日の朝日新聞によりますと、ソニーが50型以上の
家庭用大型有機ELテレビを発売するそうだ。

有機ELテレビと言えば、2年前に国内販売をやめた製品。

それがなぜ。

今年の1月に、韓国のサムスン電子とLG電子が55
型の大型有機ELテレビを年内に発売すると発表した
からか。

朝日新聞の記事では、平井次期社長が「重要があれば
だす。ユーザーからは品質、機能、デザインへの高い
要求と、手ごろな価格にしてほしい要求がある」。

日本を代表する電機メーカーのソニーが、今苦境に追
い込まれている。

主力のテレビ事業が、8年連続の赤字だ。

ソニーらしさとはなにか。

ウォークマンに代表されるような新しい製品により、
新しい需要を創った。

『需要の創造』と言われる先進性。

それに対して、有機ELテレビはどうなんだろう。

単に、薄く、軽くなっただけでないはずだ。

テレビのような成熟製品では、新しい使い方の提案が
出来なければ意味がない。

技術力があるから薄く、軽くに挑戦した訳ではない
はずだ。

新しい生活の提案がないのだ。

新しい生活の提案をし価値観を伝えなければ、一部の
マニア相手の製品で終わるだろう。

ユーザーの声を聴くのも大事だが、それでは革新的な
製品は生まれない。

ソニーが世間をあっと言わせるような製品を開発し、
ユーザーをリードできるのか。

ソニーの再生は、日本が再生する「道しるべ」になる
かもしれないと思っている。

私は、平井新社長に期待している。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!




posted by 森 大志 at 09:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年02月08日

中小企業の社長との会話は不満がいっぱい!

私は税理士として、東京の豊島区池袋に税理士事務所を
開設し20年以上になります。

その間、多く中小企業の社長さんとお会いしました。

最近、そのような中小企業の社長さん達から不満の声を
聞くようになりました。

特に、今まで個人の生活を犠牲にしてまで仕事に打ち込
み、会社、個人ともに多くの税金を払ってきた社長に不
満が強い。

テレビの国会中継を見ていると、腹が立つらしい。

中小企業は、設備投資のために多額の借金をして、合理
化を行い徹底的に無駄を排除してきたのです。

そんな社長たちから見ると、国会での議論は生ぬるい。

小手先の対策と言いわけにしか聞こえないのです。

中小企業と言えども永く会社を経営していますから、た
いがいのことは分かります。

まずは、約束したことの進捗状況、出来ない場合はどう
してなのか。

それから、新たにやることの説明でしょう。

だから、話が分かりづらい。

プラン・ドゥ・シーと言うことばがあります。

仮説を立てて、実行して、検証する。

改善するためには、これを繰り返す。

国に無駄が多いと思った、だから実行した、そして
どうなった、という説明がほしいのです。

そうでなければ、ことばの説得力がなくなります。

多くの国民が不安でいっぱいです。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!



posted by 森 大志 at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年02月07日

自己防衛本能か、1月の新車販売は軽自動車が売れている!

今日の朝日新聞によりますと、日本自動車販売協会
連合会と全国軽自動車協会連合会が6日発表した1
月の国内新車販売は、トヨタのハイブリッド車プリ
ウスが1位となった。

なんと、上位10車種のうち6車種が軽自動車だ。

リーマンショック後の動きを思い出す。

私の顧問先である千葉県のある会社に伺ったときに、
その社員たちが小型車や軽自動車に乗り換えていた
からだ。

今まで若い人たちは、トヨタのクラウンなどの中古
車に乗っている人が多かった。

そんな人たちが、今では小型車や軽自動車に乗って
いる。

東京都内であれば、交通網が発達しているので車は
なくても困らない。

しかし、地方によっては車は必需品である。

車がなければ生活できない。

リーマンショック後は、自己防衛本能が働いたと考
えている。

ガソリン代などの車の維持費を考えると、当然の動
きだ。

同様に、東京などの都会では車を手放す人も多い。

車がなくても生活できるからだ。

特に、駐車違反の取締りを強化した時から、その動
きが顕著になった。

若い人たちの車離れと言われて久しいが、都会では
高額の駐車場代がかかり維持費が高い。

だから、車がほしくても買えないので、最初からあ
きらめているのだ。

国民年金の保険料を前払いすると割引になる制度を、
拡大するそうだ。

保険料の納付率が落ちているので、納付率引き上げ
を狙っているそうだ。

私が税理士として感じることは、収入が少ないので
払いたくても払えない人が増えている。

おそらく国民年金保険料を前納できる人は、一部の
例外を除いて収入が多い人である。

今までの日本の制度が、ほころび始めていると感じ
ている。

世代間格差、所得格差など格差が広がっているから
だ。

それなのに、法律違反だと言ってけしからんと言う
だけでは、なんの解決にもならない。

だから広く浅く課税する消費税を増税することは理
解できる。

それで社会保障費を賄うしかない。

ただ、社会保障の充実をする余裕はないはず。

過去の国の借金はどうするのか。

ただ、増税の時期、無駄の削減など課題が多いのも
事実なのだ。

お父さんたちが昼食に牛丼を食べているのは、好き
だからですか。

お父さんたちも、自己防衛本能が働いているのです。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!


posted by 森 大志 at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年02月06日

年金の収支計算は意味があるのか!

今日の日本経済新聞に、内閣府経済社会総合研究所の
年金の生涯収支の試算が載っている。

それによると、50代半ば以下は保険料の支払いより受
取額が少ない負担超過になるそうだ。

今の年金制度だと、少子高齢化が進んでいるので将来
は多くの受給者を支えるから当たり前だ。

このままでは、今の年金制度を維持するのは無理なの
は明らか。

それなのに、今の制度を維持するのに負担を増やす話
ばかりなのだ。

今の若い人の批判をする人は多いが、これでは余りに
不公平だろう。

世代間格差を是正しなけばおかしいです。

すくなくても、自分が支払った保険料と同額以上受け
取れないのなら、年金制度はいらないと言う話になる。

若い人に多い、どうせ貰えないから年金保険料は払い
たくないという理屈。

今回の試算は、その理屈を覆せない。

非正規社員が多い現実を考えると、年金加入者の拡大
をしても、将来大変なこと(無年金者の増大)になり
ます。

自分で銀行などに積み立てた方が良いなんて、本当に
おかしくないのでしょうか。

足りないから保険料を上げるにも限度があります。

少子高齢化は前から分かっていたのに、少子化対策は
後手後手の政策ばかり。

働きたいお母さんは多いのに、子供を預けることが出
来ない。

そうすると悪い環境の施設は増やせないと言う。

数が増えれば悪い施設は淘汰されます。

逆に数が足りないから、悪い施設が残るのです。

事故などには、損害保険でカバーすればいいのです。

こんな状態で、消費税を上げると言っても上げられ
ない。

今日のテレビ番組で、消費税を上げるのはやむを得な
いが、野田内閣は支持できないと言う調査結果です。

閉塞感漂う日本を救ってほしいと、皆さん願っていま
す。

中小零細企業は、青色吐息のところも多い。

このままでは、日本がだめになるという危機感がある。

今の日本は、大胆な改革が必要なのです。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!



posted by 森 大志 at 10:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年02月04日

パナソニックも巨額赤字、日本の電機メーカーはどうする!・日本の製造業が心配だ!

日本の電機メーカーが巨額赤字で苦しんでいる。

シャープに続き、日本を代表するパナソニックも
信じられないくらいの赤字です。

2012年3月期の連結純損益の赤字が、過去最大
の7000億円を超える。

ここで思い出すのは、2009年2月15日の日本
経済新聞「そこが知りたい」のヤマダ電機山田昇会
長のインタビュー記事だ。

今まで家電量販店の躍進を支えていた薄型テレビ、
携帯電話、デジタルカメラ、パソコンの売上が停滞
していると憂慮している。

2009年の段階で考えているのだ。

どれも成熟商品になり、これから何を売ったらよい
のかと悩んでいた。

それが、エコポイントの導入などで売上が伸び問題
がぼやけてしまったが、解決したわけではない。

ヤマダ電機は、これから住宅関連事業を伸ばす方針。

当然に家電との融合も考えている。

同様に電機メーカーは、何を作るのか。

今言われているような、円高だけが問題なのか。

製品の開発力は、問題ないのか。

私は、3Dテレビに力を入れていたときに何か違う
と思った一人です。

一部のマニアを対象にした製品を開発しても、市場
規模は大きくないのです。

日本の製造業は大丈夫なのか。

本当に心配になることばかりです。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!






posted by 森 大志 at 10:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年02月03日

アメリカの住宅価格の下落は続く!

今日の日本経済新聞夕刊によりますと、アメリカの
住宅価格が3.7%下落した。

アメリカの住宅バブル崩壊後、住宅価格が下げ止ま
らない。

日本のバブル崩壊の経験からも、住宅価格が下げ止
まらないと、アメリカ経済は本物ではない。

アメリカの人口は3億人を超え、毎年増加している。

少子高齢化の進む日本とは違うのである。

それなのに、住宅価格が下がると言うことは、住宅を
買いたくても買えないのではないか。

アメリカにおいても、格差が広がりデモまで起きている。

最近は、アメリカ経済が良くなって来たと言うニュース
も流れるが、その実態は疑問だ。

アメリカは大統領選挙の年でもあり、選挙対策で景気
浮揚策を強化している。

そのため一段と金融緩和に動きそうだが、資源、食料高
という副作用も出てくる。

ヨーロッパ経済も一段と不透明であり、円高の影響で
さらに輸出に影響が出れば、日本経済も苦しい。

日本の復興需要が本格化するのは4月以降と思われるが、
中小零細企業の中には、それまで持たない息切れすると
ころも続出しそうだ。

中小零細企業に対するきめの細かい政策を期待したい。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!




posted by 森 大志 at 11:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年02月02日

シャープの巨額赤字に思う!

今日の朝日新聞の記事を見て唖然とした。

シャープが、2012年3月期の連結業績予想を
修正し、過去最大の2900億円の赤字を計上す
ると発表したからだ。

シャープと言えば、液晶パネル生産で社運をかけ
て投資をした会社。

その液晶パネルの販売が低迷し、大幅な減産に
踏み切る。

私は、2009年10月2日のこのブログで次の
様な記事を書いています。

メイドインジャパン・シャープ境新工場生産開始

このブログでも取り上げたシャープの堺新工場が、
1日から生産を開始しました。

堺新工場は、世界で初めて「第10世代」と呼ばれる
約3メートル四方のガラスを加工する、世界最新鋭の
液晶パネル生産工場で、40型〜60型台のパネルを
生産します。

シャープの薄型テレビ・アクオスは液晶の美しさを売
りにしており、亀山モデルとも言われ、国内生産に対
するこだわりもありました。

そのことは、メイドインジャパンの象徴でもあります。

その亀山モデルの成功から、シャープの社運を賭けた
堺新工場に進化したのです。

同じ敷地内に、米コーニングのガラス工場、大日本印
刷のカラーフィルター工場なども稼動し、運搬費の節
約、工程効率化を通じて生産コストを下げています。

国内生産のモデルと言ってもよい工場ですので、ぜひ
成功してほしいと思っています。

今日の日本経済新聞「人こと」に米コーニングのウィ
ークスCEOのことばが載っています。

「日本で技術を磨くことが競争力につながる」。
液晶パネル用ガラス基板の世界最大手、米コーニング
のウェンデル・ウィークス会長兼CEOは1日、こう
述べた。
同日稼働したシャープ堺工場内にガラス基板工場を開設。
「第10世代」と呼ばれる大型のガラス基板を量産するが
、「シャープとの長年の協力関係の成果」と強調する。
10世代より前の6世代や8世代についてもシャープと
二人三脚で初の量産化を実現し、「技術革新で勝負して
きた」という。
今後は、韓国LG化学がガラス基板に参入、競争が激化
するが「彼らは参入が遅かったのでは」。業界をけん引
してきた自負をのぞかせた。

いま中国で薄型テレビが売れていますが、中国メーカー
が中国で生産した32型以下のテレビが主流になってい
ます。

おそらく32型以下の製品は、価格闘争が激化して日本
のメーカーも利益がでないのではないでしょうか。

日本の製造業が生き残る道として、技術力を活かした製
品を開発できるかどうかが大切だと思っています。
(このことは重要なので、あらためて書きたいと思って
います。)

そういう意味でも、この堺新工場の成功を祈っています。

ただ、このように世界の最先端を行っているシャープで
さえ日本国内の工場は、最後だとも言われています。

国家戦略として、どのような産業を育成するのかが問わ
れていると思います。

目先の経済対策としての公共事業と長期の産業構造の転
換を考えた産業育成、内需拡大を考えませんと、この国
の将来はありません。


昨年は、エコポイントと地デジ切り替えで薄型テレビが
あれだけ売れたのに、パナソニック、ソニーに続いてシ
ャープの巨額赤字です。

四面楚歌と言われるような、日本の大企業の現状を見ま
すと本当に残念です。

大幅な財政赤字もあり、このような日本の現実は小手先
の改革でなく、大胆な改革が必要なのは間違ありません。

痛みを伴う大胆な改革なくして、日本の未来はない。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!




posted by 森 大志 at 06:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年01月31日

キャノン御手洗氏の復帰は危機感の表れ!

キャノンの社長に、御手洗富士夫会長が復帰するそうだ。

なぜ今、経団連会長まで勤められた方が復帰するのか。

ギリシャ危機から始まった欧州危機が、これから正念場
を迎えることが大きい。

私の記憶が正しければ、キャノンは欧州が重要市場だった
はず。

欧州危機は、対応を誤ればリーマンショック同様の事態
でもある。

しかし、リーマンショック後と違い、今は世界各国とも
経済対策をとる余裕がない。

そう考えると、リーマンショック以上の事態とも言える。

そんな非常事態の時は、トップのリーダーシップが必要
なのは間違いない。

新聞記事では、76歳という年齢を危惧する声もあるが
年齢は関係ない。

同様に、日本経済を見ると非常事態である。

国の借金の増え方を見ると、増税をしても過去の借金を
返せるかどうか疑問なのに、いまだに社会保障の充実を
するので増税という人がいる。

少子高齢化の進行は、待ったなしだ。

国の借金が増えた原因の一つが、田中内閣時代に社会保障
を充実させたからと聞いたことがある。

社会保障を今以上に充実させることは無理ではないか。

理想と現実は違う。

現実を直視して、国を頼らず自助努力を求める方策を
考えたい。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!


posted by 森 大志 at 06:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年01月30日

日本は魅力のない国になったのか!

米石油最大手のエクソンモービルが、日本の石油
精製・販売事業を売却する。

収益性の高い石油・天然ガス開発や新興国事業に
力を入れるそうだ。

外資は投資効率を考えるから、たとえ日本における
事業が赤字でなくても、低収益であれば撤退する。

今回の件で、日本という国は魅力のない国になった
とがっかりしたのは私だけだろうか。

今回の記事に対して危機感が足りないのではないか。

日本国債のバブルがはじけるという記事もあり、本当
にこのままで良いのか。

このまま国債の発行額が増えれば、日本国内で消化で
きなくなるのは明らかです。

そんな時に魅力のない国の国債が売れるのか。

消費税の増税の議論も、支出を減らすことができるか
疑問です。

いつの間にか、今の支出を維持するために消費税を
何パーセントにしなければならないという話になっ
ています。

社会保障費を減らすことも考えなければいけない状況
なのに、増税して社会保障費を増やす話さえある。

ギリシャでさえ、増税をし支出を削減しているのに。

消費税の増税の時期を誤れば、経済不況になり税収が
増えないことさえある。

そして、今でさえ消費税の滞納が沢山あるのに単純に
税収が増えるわけではないのです。

消費税率を上げたいがために、リップサービスを行う
ことに疑問です。

痛みを分かち合う覚悟を求めるべきではないか。

それくらい国家財政は厳しいと思う。

いずれにしても、福島第一原子力発電所事故の情報
不足、消費税の増税論議でも国に対する不信感が強
いようです。

情報を隠して議論することは、問題の先送りになる
だけでなく、国に対する信頼感を失う結果となります。

国民に対する丁寧な説明が求められます。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!


posted by 森 大志 at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年01月27日

大蔵財務協会・税のしるべ「安売り競争はダメ、低価格の仕組みを理解して経営に生かそう!」連載中!

私は、東京の豊島区池袋で税理士事務所を開設し
税理士として日々中小企業の方々に接しています。

今の日本経済は、その中小企業の方々にとって企業
の存続に係わるくらい厳しい状況です。

最近でも、一軒また一軒と飲食店の廃業が後を絶ち
ません。

多くの人で賑わう東京の池袋でも現実は厳しいので
す。

また、日本経済はデフレが進行し価格競争が収まる
どころか、益々激しくなっています。

原価を無視したような安売り競争は、避けなければ
なりません。

しかし、現実には消費者の財布のひもはますます固く
なっているのです。

いやでも低価格販売を考えなければ、やって行けない
こともあります。

ここで注意しなければならないのは、「安売り」と
「低価格」とは違うのです。

そこで、価格競争で言われる「安売り」と「低価格」
を区別して、低価格で販売しているが利益を出して
いる仕組みを理解して、経営に生かそうと言う趣旨で
記事を書いています。(連載中です)

大蔵財務協会税のしるべ「安売り競争はダメ、低価格
の仕組みを理解して経営に生かそう!」です。

中小企業の方々が、少しでも安売り競争に巻き込まれ
ないように書いています。

少しでもお役に立てば幸いです。

ぜひご覧になってください。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!











posted by 森 大志 at 11:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年01月26日

放射能ゼロは可能なのか!

福島第一原子力発電所の事故を契機として、放射能
の対する反応が過敏になっていると感じる。

ある大手スーパーで、放射能ゼロ宣言をしているらしい。

手放しですばらしいと言いたいが、本当にゼロで
良いのか、私にはわからない。

そもそも、自然界に放射能があるのにゼロとは?

それなのに、ゼロということは今まで問題なく口に
していた食物を捨てるのだろうか。

これと同様なことに、無菌という言葉がある。

私たちの周りには、様々な菌があるのは知っている。

体力があり免疫力が高いときはなんでもない菌が、
免疫力が落ちると病気になったりする。

だから、無菌ということにはならない。

人類は長い歴史の中で、進化し生き残った。

放射能の危険についてもよくわからない。

病気で入院した時には、何回もレントゲンを撮るが
何ともない。

注意をすることは良いと思うが、過度の対応は排除の
論理につながる危険さえ感じる。

幼児などに注意を払うのは分かるが、大人はどう
なんだろう。

私は、ほとんど気にしない。

冷静な対応を考えたい。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!




posted by 森 大志 at 08:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年01月22日

消費税の増税は理解していますが、経済は感情で動くことは忘れないでほしい!

今日は日曜日なので、朝からテレビでは政治家の方々の
討論番組が多い。

そんな話の中で、疑問があります。

消費税の1%増税で2兆7千億円、社会保障費の毎年の自然
増が1兆3千億円という数字を聞いたからです。

今まで私が理解していたのは、消費税の増税が1%の時は
2兆5千億円だったのが、2兆3千億円くらいに、社会保障
費の自然増が1兆円というものです。

頭が混乱して何が本当なのか分からない。

消費税をどうしても増税したいので、危機感を煽るのなら
逆効果だと思う。

長期的には同じだとしても、余りに危機感を煽ると目先は
消費不況になると心配です。

日本経済の中で、個人消費の占める割合を考えるからです。

「経済は感情で動く」とは、上手い言葉だと思う。

リーマンショック後の経済底上げのために、いくらの補正
予算を使ったかを考えれば分かります。

国民は消費税の増税は理解しています。

だから、危機感を煽るのではなく、納得させる努力が必要
なのです。

納得とは、無駄の削減などでやることはやったと言うこと
です。

下手な言いわけは逆効果だと思います。

最近は、若い人と話しても日本を何とかしたいと言います。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!



posted by 森 大志 at 13:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年01月21日

消費税の改正論議は大切だ!

消費税の改正論議が高まり、新聞、テレビ、雑誌等で
取り上げられることも多くなってきた。

もはや消費税の増税について避けて通れないのは、
誰もが分かっていると思う。

ただ、忘れてならないのは多くの人が増税はやむを得
ないと思っていることだ。

本当は嫌だけど、国の財政危機を考えると理解するし
かないと言うことだ。

だから無駄を徹底的に省くという前提が欠かせない。

それというのも、リーマンショック後の日本経済を考
えると分かる。

上場企業の利益が増えたといっても、その内容は増収
よりも原価低減、経費削減で利益を出している。

そして、原価低減、経費削減の相手方は、中小企業が
多い。

結果として、多くの中小企業が収入の減少などで苦労
されている。

このような実態を理解して消費税の増税論議を進めな
いと、国民の反発を招くだろう。

また、社会保障費の自然増が毎年1兆円増えるままで
は、難しいのではないか。

消費税の増税分を社会保障費に充当すると言っても、
だから増税(今回は別として)して良いとならない。

そうでないと、社会保障費が足りないからと歯止めな
く増税しなければならなくなるのは明らかである。

社会保障費の見直しもしなければ、世代間格差も縮ま
らない。

いずれにしても、現実に目を向けて消費税の改正論議
を大いに交わしたい。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!



posted by 森 大志 at 06:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2012年01月19日

中小飲食店の廃業が続く!

私の税理士事務所は、東京の豊島区池袋にある。

池袋と言えば都内屈指の繁華街であるから、土日は
驚くほど多くの人が集まる。

そんな池袋にある飲食店でも、お客様の入りは良く
ない。

やはり消費者の財布の紐が固くなっているのか。

最近近所の飲食店が廃業すると聞き、やはりという
感じだ。

一時は多くのお客様で賑わった均一居酒屋も、最近
では当時の勢いはない。

また、最近開店した牛丼店もいまいちのお客様。

立ち食いそば店なども、そこそこのお客様。

厳しい日本経済を映しているようだ。

でも、そんなお店が多い中、超繁盛店もある。

ただ安いだけでは集客出来ない。

何が違うのか。

自分の目で確かめるしかない。

今日も新年会で、ネットで検索したある飲食店に
行くが、繁盛しているかどうか、この目で確かめ
たい。

中小零細の飲食店の健闘をお祈りいたします。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!





posted by 森 大志 at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本