記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2007年09月13日

絶頂の後は危ない「安倍首相退陣」

安倍首相が退陣表明し本当に驚きました。

しかし、私は、郵政民営化を争点とした前回の衆議院選挙で自由民主党が「大勝」してから、自由民主党の終りの始まりではないかと思っていた一人です。

与党は衆議院で300議席以上を獲得し、参議院でも過半数を握り何でもできる様になりました。

その結果、強引な国会運営が目立つようになったのです。

自民党議員は、審議時間に何時間費やしたので審議は尽くしていると説明していましたが、時間は一つの判断基準ではあるけれども、法案の内容が問題なのです。

郵政民営化は支持したが、ほかの問題は支持しているとは限りません。
たとえマニフェストに掲げていても同じです。
今回は、郵政民営化を問う選挙だったからです。

しかし、安倍首相は勘違いし強引に進んでしまうのです。
その結果が、今回の参議院選挙です。

これは、会社の経営でも同じです。

今まで、いろいろな会社を見てきましたが、会社が「大きな利益」を上げた後にピンチが訪れるのです。

たとえば、

1.今まで一生懸命働いていた社長が、遊び始め、仕事がおろそかになった。

2.会社成功の功労者が他の人の意見を聞かない。
前の成功体験があるため誰も止められないし、言うことを聞かない。

3.利益が出ているので税金を払うなら経費を使った方が良いと、むだな経費を使うようになる。

一度タガが緩むと修正がきかなくなるのです。
手遅れになりますと、会社倒産に至ることもあります。
絶頂の後は危ないのです。

このような時に、今までの経験を基にさりげなく社長に注意を促すことも、税理士の仕事であると思っています。
微力ながらお役に立ちたいと思っています。

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!











posted by 森 大志 at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月10日

絶対に負けられない戦いがある

「絶対に負けられない戦いがある」
「絶対に負けられない戦いがある」
「絶対に負けられない戦いがある」
「絶対に負けられない戦いがある」
「絶対に負けられない戦いがある」
「絶対に負けられない戦いがある」
日本が出場するサッカーの国際試合で、テレビから流れる言葉です。
これでもか、これでもかと同じ言葉が繰り返し流れてくるのです。

「絶対に負けられない戦いがある」と言う言葉を聴くたびにうんざりするのは、私だけでしょうか。

9月7日の日本代表の三大陸トーナメント対オーストリア戦において、PK戦の末3対4で負けました。
運もありますが、PK戦で負けるたびに「絶対に負けられない戦いがある」の影響だと思ってしまいます。

日本のFIFAランキングはせいぜい40位です。
実力的にはまだまだです。
イタリアやブラジルではないのです。

皆さんもテレビのゴルフ中継で、3日目まで首位グループにいた選手が、最終日に自滅するのを見たことがあると思います。
プレッシャーに負けて自滅したのです。
宮里藍は何回も優勝していますが、宮里兄は優勝できません。
宮里藍は世界をめざし、自分自身にプレッシャーを掛け、それを乗り越えようと努力しているように思えます。
あのイチローもそうですが、力のある選手はそれで良いのです。

そして、同様なことは会社の経営でも言えるのです。

尼崎の脱線事故の原因究明の報告があり、その中でJR西日本の日勤教育のことが書かれています。

鉄道会社において、事故は乗客の死傷に繋がるので、日勤教育自体を否定するものではありません。
日勤教育はどの鉄道会社でも行っているようですが、問題はその内容です。

JR西日本の日勤教育の内容は、技術向上だけでなく、草むしりや恫喝等も含まれていました。
尼崎の事故は事故直前のオーバーランが引き金となり、強いプレッシャーを感じた運転手が運転を誤ったのです。

技術が未熟であるならば、技術を中心とした教育をしなければ
ならないのです。
技術が未熟な人にプレッシャーをかけてもうまくいくわけがありません。

私にも顧問先の社長から従業員方々の色々な相談がありますが、改めて本質を見誤らないように勉強しなければならないと思っています。

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!





posted by 森 大志 at 08:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月05日

イチロー選手7年連続200本安打おめでとう

イチロー選手7年連続200本安打おめでとうございます。
1日の前田選手に続く快挙です。

日本で実績を残し、アメリカの球団に移籍したのは、ご承知の通りですが、イチローのインタビューがすごかった。

「どんな状況でも同じように数字を残していくことが、僕の中では重要だ」

これは、色々な意味があると思う。

1.日本でもアメリカでも同じように数字を残す
  日本で数字を残したのにアメリカで数字を残さないと
  日本の野球のレベルが低いと思われてしまう。

2.マリナーズのような弱いチーム(今年は強いが)でも、
  数字を残す
  チームが負けてばかりだとやる気がなくなるが、自分は
  腐らずがんばる。

3.自分の調子が良くても悪くても数字を残す
  自分の調子が悪いときでも、それなりにヒットを打つ。
  実際、内野安打も多い。

イチローなら、このすべてが当てはまる気がします。

また、イチローがスランプになったときの原因がすごいのです。

それは、あまりに技術が高いのでボール球に体が反応してしまうそうです。
難しい球でもヒットにできると反応するのです。
皆さんも見たことがあると思いますが、地面すれすれの球を易々とヒットにしています。

企業経営に当てはめて考えますと、どのような状況でも対応できるように、勉強する、努力することが重要です。
税理士である私も、そのような状況で少しでも皆様のお役に立てるように勉強、努力しています。

リンク集にある「時代の流れを読む」を読んでいただくと分かっていただけると思いますが、勉強している経営者と勉強していない経営者では違うのです。
勉強していない経営者は、運がないと嘆いているだけです。

努力は裏切りません、勉強しましょう。

私事ですが、昨日は午後から東京国際フォーラム「会計事務所のニュービジネスフェア2007」に行って来ました。
アックスコンサルティングの廣瀬さん、高松さん、お世話になりました。

イチロー選手本当におめでとうございます。今後のご活躍を心からお祈りいたします。

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!







posted by 森 大志 at 10:50 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月03日

前田智徳選手2000本安打おめでとう

広島東洋カープの前田智徳選手が、9月1日の対中日戦で2000本安打を達成しました。

前田智徳選手といえば、あのイチローをして「天才」と言わしめた選手です。

今回の記録は、1995年に右アキレス腱を断裂し、その後遺症に悩みながらの達成であるから、称賛に値するできごとです。

人はよく「あの人は天才だから」とか言い、自分とは別の人間だとかたづけてしまいがちです。

ここで、考えなければいけないのは、イチローも前田も人より才能があったのは事実であるけれども、共に人の何倍も努力をしていることです。
イチローも中学生の時から父親とバッティングセンターに通って練習していたのは有名です。
そのイチローでさえ、今は亡き仰木監督がいなければ今はないかも知れません。

過去にも天才と呼ばれた人は数多いけれども、長きにわたり現役で活躍した人は稀です。

この二人に共通することは、才能におぼれず、一流選手になっても変わらず練習を続ける、努力する姿です。

これは、企業経営にも通ずることです。
私たちも、謙虚にできる範囲で努力することが大切だとつくづく思います。

前田選手本当におめでとうございます。今後のご活躍をお祈りいたします。

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!








posted by 森 大志 at 12:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記