記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2013年12月25日

御礼・今年も数多くの執筆をさせていただきました!

今年は、次のような執筆をさせていただきました。

この場を借りまして、厚く御礼申し上げます。

【2013年の執筆】

月刊「会社法務A2Z」2013年2月号(2013年1月25日発売)

『企業が注意すべき印紙税の実務 』を執筆しました。

http://www.kaishahoua2z.com/pamphlet/houmu_vol69.php

A2Z は、第一法規 が発行する企業経営者、経営企画、法務、総務、財務経理などの経営スタッフ、弁護士、会計士、税理士向け月刊誌です。

美容師が作る美容師のためのWEBマガジン『美歴マガジン 』2013年5月29日創刊

税理士森大志のコンテンツ、「教えて!森先生」連載スタートしました。

今日現在、15本の記事を書きました。

納税通信 (エヌピー通信社 )2013年10月07日号執筆

『消費税増税に向けた社長さんの心構え「上・駆け込み需要の反動減を見据える」』を執筆しました。

納税通信 (エヌピー通信社 )2013年10月14日号執筆

『消費税増税に向けた社長さんの心構え「下・増税分の負担をどのように捉えるべきか」』を執筆しました。

『納税通信』はオーナー社長のための税金を堂々節税するノウハウ、税務調査対策が 満載の社長専用新聞です。
脱税・懺悔コラムは必見!同族中小企業独特の経費感覚や税務署の動きを社長目線で徹底解剖。

月刊「企業実務」2014年1月号(2013年12月25日発売)
『政府系金融機関の各種貸付の使い勝手をみる 』を執筆しました。

http://www.njh.co.jp/magazine/0201/

『企業実務』は、
経理・総務・人事部門の抱える課題を解決するために仕事をすすめるうえで必要な実務情報や具体的な処理の仕方を正確に、わかりやすく、タイムリーにお届けする月刊『企業実務』。経理・税務・庶務・労務の事務一切を一冊に凝縮。1962年の創刊以来、理論より実践を重んじ、“すぐに役立つ専門誌”を貫く『企業実務』は、事務部門の業務を全面的にバックアップ。


【2012年の執筆】

大蔵財務協会 の発行する『税のしるべ 』に連載。

「安売り競争はダメ〜低価格の仕組みを理解して経営に生かそう!」 
(2012年1月9日号から3月26日号まで12回連載)

「週刊 税のしるべ 」は、中小企業のオーナーなどが知っておくべき税制改正など会社経営に欠かせぬ最新の情報や身近な税についての動向のほか、労務など企業経営にかかわるあらゆる情報や著名人によるコラムを満載しています。

納税通信(エヌピー通信社 )2012年1月16日号執筆、

「繁盛店を作るためのヒント」消費者の「価値観」を理解する!

エヌピー通信社 が発行する税理士向け新聞に「税理士新聞 」があります。

その平成24年4月15日号の記事を書きました。

顧問先に伝えたい会社のトレンド

「低価格でも利益が出る仕組みとは?」

仕事内容を分解して、手間や労働力を省く

「納税通信」第3238号2012年9月3日号、

『シニア市場を開拓せよ』

「ザ・タイガース再結成の意味」。

「納税通信」第3244号2012年10月15日号、

『シニア市場を開拓せよ・番外編』

「ジェネレーションギャップに対応する」。


【2011年の執筆】はこちら

http://ameblo.jp/tmblog/entry-10934026353.html

私は、すべてに全力投球しています。


今後ともよろしくお願いいたします。



タグ:御礼 執筆
posted by 森 大志 at 06:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/83080093
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック