記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2013年11月24日

家・車買うよりシェアは、日本でも広がる?

今日の日本経済新聞の記事で、個人が所有する家や車などを他人に手軽に貸し出す「シェアエコノミー」と呼ぶ分野のサービスが米国で急成長しているそうだ。

最近、来日した外国人旅行者が、他人の家に泊まったとテレビ番組で答えていたのを見たが、多くの人が利用している。

車も自己所有しないで、必要なときに借りる人が増えている。

日本においては、所有のコストが高くなっているので、同様のサービスが増えると思われる。

マンションなどの購入費が年収の10倍などというニュースを聞くと、最初から所有を諦める人も多いのではないだろうか。

また、東京などの大都市で車を維持するには、多額の費用が掛かる。

交通機関の発達した大都市では、車を手放した人も多い。

消費税の増税に絡んで、自動車取得税を止めて自動車税などを上げる動きがあるが、理解できない。

若い人の車離れは、維持費の高さに購入をあきらめているのだから。

消費税の増税対策として、不動産や車の購入を促進しようと懸命だが、需要は限られているので反動減が怖い。

このままでは、消費税増税後の反動が厳しいだろう。

GDPの6割が個人消費なのを忘れてはならない。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!
タグ: シェア
posted by 森 大志 at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81282648
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック