記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2013年10月31日

日本たばこ産業のリストラは日本の現実です!

今日の朝日新聞の記事によりますと、日本たばこ産業
(JT)が、国内9工場のうち4工場を閉鎖し、国内
社員の2割弱にあたる約1600人を削減する。

少子高齢化の進む日本では、市場が縮小している。

今回の決定では、日本での製造を縮小し新興国事業を
強化する。

この決定は、日本の製造業では地産地消という当然の
動きだ。

消費国で、消費者の好みに合わせた製品を製造し販売
するのが世界的な流れ。

円安にすれば日本の製造業は復活すると言うが、そん
なに簡単な問題ではない。

補助金などで企業誘致をしても、無理をすればシャー
プの堺工場の二の舞になる可能性がある。

為替に関係のない魅力のある製品開発ができるかどう
かが大切なのだ。

日本では賃上げが課題になっているが、日本の人件費
が高いので製造業が厳しいと言っていたのは忘れたよ
うだ。

グローバル経済においては、一般の消費財は製造コス
トの安いところで生産される。

だから私たちは、安い商品を手に入れることができる。

日本の製造業をどうするのか。

自動車産業も、国内生産を維持できるかはわからない
のが本音。

景気対策の減税や補助金で国内販売が好調だが、需要
の先食いなのは明らか。

需要が落ちれば、国内生産縮小の動きが出てくる。

その時にあわてても遅いのですが・・・・・。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!


posted by 森 大志 at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/79546647
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック