記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2013年09月24日

『景気「増税後も改善」4割』を考えてみました!

今日の日本経済新聞の一面は、『景気「増税後も改善」4割』です。

日本経済新聞が23日にまとめた「社長100人アンケート」で、
2014年4月からの消費増税を前提に1年後の国内景気を聞
いたところ、現在より上向くとの回答が41.1%に達したそうだ。

現在より景気が上向くのは、結構な話です。

でも、この内容をもう少し分析してみましょう。

まず、この社長100人アンケートの対象者は誰かです。

国内主要企業の社長(会長、頭取を含む)に聞いています。

今の日本経済を見ますと、大企業の業績は良くても中小零細
企業の業績はイマイチです。

中小企業金融円滑化法の適用を受けていた会社数が、
約30万社であることからもわかります。

おそらく大企業は、これからも景気が良いのでしょう。

ますます二極化が進む日本。

勤労者の多くは中小企業で働いています。

GDPの6割は、個人消費と言われています。

正規社員が減り、非正規社員が増えている現状。

大企業正社員の給与は増えるでしょうが、中小零細企業の
社員の給与は増えるとは思えません。

収入が増えない中、物価上昇、社会保険料の負担増、そして
消費税増税。

個人消費に影響がないと言い切れるのでしょうか。

今でも生活が苦しいという多くの人がいます。

また、産業構造が変わったので大企業がよくなれば、下請け
の中小企業がよくなるということも少なくなりました。

消費税増税の影響を緩和するために企業減税と言っても、
思ったより効果は限られるかもしれないのです。

円安の恩恵を受ける大企業製造業と、円安で物価上昇の
影響を受ける中小企業と消費者がいます。

私は、心配しています。

きめの細かい政策を期待しています。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

posted by 森 大志 at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76448444
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック