記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2013年07月13日

自動車産業も厳しい日本の現実を直視して政策を考えたい!

円安になれば日本の製造業の価格競争力が強くなり、
国内に工場も増えるのではないかという期待がある。

法人税率の引下げや投資減税をして、企業の国内
投資を支援しようという動きも現実のものになり
そうな動き。

しかし、実際はどうなんだろう。

少子高齢化の進む日本。

すでに人口減少が始まった日本。

市場としての魅力は減っていく。

そんな中、7月11日の日本自動車工業会の定例の
記者会見が行われた。

東洋経済オンラインによると、豊田章男会長(トヨタ
自動車社長)は、『歴史的な円安回帰でも、国内設備
投資の増加も賃上げも難しい』と述べたそうだ。

アベノミクス効果で景気が上向きだと言われる現在でも、
国内の自動車販売は前年比マイナスなのだから、投資し
ろと言われても難しい。

最近の若い人は自動車の所有にこだわらないと言う。

東京では、違法駐車の取締りが強化され、高い駐車場代、
ガソリン代、自動車関係税等々維持費がかかるので車を
手放した人も多い。

将来的にも、市場が大きくなることはない。

企業が投資効率を考えるのは当然のこと。

そう考えると、補助金などを支給して工場を新設しても
工場を維持するのは無理がある。

いまは、自動車産業も輸出分を国内で製造しているが、
将来はコストを考えても海外生産になるだろう。

参議院選挙が行われるが、現実不可能な政策に惑わされ
ることなく、自動車産業も厳しい日本の現実を直視して
政策を考えたい。

社会保障費の負担の見直しなど、痛みを伴う改革が
出来るかどうか真価が問われる。

日本再生は、これからだ。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。

豊島区池袋・税理士森大志がとことん経営にこだわる
実践経営セミナー・東京企業戦略塾
を開催しています。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!





posted by 森 大志 at 09:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70857548
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック