記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2012年04月26日

トヨタ自動車の国内生産は維持できるのか!

2011年度の国内自動車大手8社の生産・輸出
実績が公表された。

朝日新聞の記事によれば、8社合計の国内生産台
数は、前年度比2.4%増の879万9796台
で、2年連続のプラスだった。

8社のうち、国内生産のほうが海外生産より多い
会社は、トヨタ自動車、マツダ、三菱自動車、ダ
イハツ工業、そして富士重工業です。

このうち、トヨタ自動車は国内生産311万97
09台、海外生産440万9984台、輸出16
7万0818台。

前に、豊田章男社長が国内生産の300万台は維
持したいと言っていたが、なんとか維持している。

しかし、輸出分を海外生産すれば国内生産は半減
する。

現地のニーズに合わせた車種を現地で開発生産す
る動きが自動車メーカーにある。

国内の雇用をどのように維持するのか。

様々な負担が増える傾向にある国内にとどまる理
由はあるのか。

真剣に考えたい。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!


posted by 森 大志 at 06:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55508889
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック