記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2012年04月24日

地産地消が進む中、国内の雇用はどうする!

北京モーターショーが23日に開幕した。

世界一の中国市場をめざして世界中のメーカーが
出展している。

今日の朝日新聞の記事によると、日本メーカーは
中国戦略に出遅れているそうだ。

ホンダの伊東孝紳社長は、市場のニーズに合った
車を現地で開発・生産し後れを挽回するという。

同様に、トヨタ自動車の豊田章男社長も、販売が
伸び悩んだのは市場のニーズとずれがあったのも
一因だと、現地に研究所を造り、開発・生産を強
化するという。

ホンダ、トヨタ自動車と日本を代表する自動車メ
ーカーの代表が、同様に市場ニーズをくみ取るた
めに現地で開発する道を選んでいる。

今までは、地産地消と言っても開発は日本国内で
と言っていたのだが。

同様の動きは、家電など他の製造業にも及ぶだろ
う。

そうなったときに、国内の雇用は守られるのだろ
うか。

日本は原油などの原燃料は輸入に頼っている。

そのためには、外貨を稼がなければならない。

よく、今後の日本の産業構造を語るときに製造業
からサービス業にシフトすると言うが、どうなん
だろう。

高齢化に伴う介護などの需要は増えるが、外貨を
稼ぐ産業ではない。

民間企業は世界中で厳しい競争を行っているが、
国の対応が後手後手になっている印象を受ける。

今までの国の制度の見直しが必要なのに、現状を
維持するために考えている。

改革とは、現状を維持するために税収をどのよう
に確保するかを考えることではないはず。

改革とは、痛みを伴うはずなのに。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!






posted by 森 大志 at 08:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55470663
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック