記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2007年08月30日

はじめに

皆さんは税理士と言うとどんな仕事を想像しますか。

確かに記帳代行、税務相談等、経理及び税務を中心に仕事をしていますが、実は中小企業のあらゆる相談は、まず税理士に聞くといっても過言ではありません。

法律は弁護士、登記は司法書士等の専門家がいますが、まず税理士に相談し、アドバイスを受ける場合がほとんどです。

たとえば、会社を設立する場合を例にすると、事業年度は自由に決められるにもかかわらず3月決算にしている例が結構あります。

国の会計が4月から翌年3月なので、大企業は3月決算が多いのですが、何となく3月にしている会社が意外に多いのです。

決算と言うのは、棚卸もするしそれなりの準備もいるのです。

ですから、その会社の業務内容を把握し、できれば1年の内で一番暇な月を決算月にするのがベターなのです。

だから、税理士に相談するのです。
税理士を生かすも殺すもあなた次第です。

今日からスタートです。
少しでも、皆様のお役に立てば幸いです。
posted by 森 大志 at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5263594
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック