記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2011年10月25日

経済は感情で動く・これからも消費者の財布のひもは固い!

小売業の主要な統計によると、9月の既存店売上高が
前年割れとなった。

今日の朝日新聞の記事では、
東日本大震災以降、好調だった消費
に変調が生じている。
24日出そろった小売業の主要な統
計は、9月の既存店売上高がすべて、
前年を下回った。
悪天候など一過性の要因も大きいが、
景気の減速を警戒して消費者が財布
のひもをしめている様子も浮かぶ。

このブログでも、9月14日に次の記事を書いています。

9月の段階で、消費者の行動が変わったことを指摘
しています。

マクドナルドの既存店売上減、7月から何か変です!

夏以降、消費者の行動が変わっています。

百貨店は3か月連続、ショッピングセンターは2カ月
、大型スーパーなども2カ月、食品スーパーなども2
カ月連続で前年を下回っています。

その理由として朝日新聞の記事では、
夏以降の不振の理由に各業界が挙げ
るのは、台風などで悪天候が長引き、
消費者が外出を控えたことだ。
昨年の残暑で飲み物がよく売れた反
動もあると言う。

今日も暑くなることが予想されますが、この理屈で
行くと気候が温暖なので秋冬物が売れなかったと言
うことになりそうです。

あくまで、私の予想ですが。

毎年9月に厚生年金保険料が上がりますが、その前提
は100年安心な年金だったはずです。

それが、年金の支給年齢が68歳になりそうですし、
70歳からという話もあります。

そして、増税の話も出ている。

これでは、消費者の財布のひもはますます固くなる
のは当然です。

経済は感情で動くのです。

消費者の行動は素早く、流れが急変したりします。

ガソリン価格が上がった時に、地方では郊外型の
ファミリーレストランの売上が急減したことがあ
りました。

その時には、いままで大型乗用車に乗っていた人
が、小型車や軽自動車に乗り換えました。

いま、東京では駐車場料金が急落しています。

駐車違反の取締り強化で一時的に利用が急増しまし
たが、いまは車の利用を控える人が増えているから
です。

このことも、予想できたことです。

今回のように、新聞などで統計の数字が発表になっ
てから動いたのでは、遅いのです。

経営者は普段から、自分の足で消費の現場を見て歩
くことをお勧めいたします。

私は、中小零細企業がどのようにして生き残るかと
言う観点で、このブログを書いていますし、とこと
ん事例にこだわる勉強会「東京企業戦略塾」を開催しています。

がんばれ社長、応援いたします。

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!



posted by 森 大志 at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ社長
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49302128
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック