記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2010年10月22日

与野党伯仲の中、早急に補正予算を!

政府は財政支出4.9兆円、予算規模4兆円台の今年度補正予算案を29日に閣議決定し、今国会に提出するそうです。(今日の日本経済新聞による)

これから審議して、なんとか12月中に執行したいと考えているのでしょうか。

日本経済は、8月からの円高で急激に悪化しています。

いままで、日本経済が良かった(マクロの話です)のは新興国経済の好調に支えられた製造業の輸出がよかったからですが、その風向きが変わり始めています。

そのような中、今まで良かった新興国経済ですが、中国をはじめとしてインフレを懸念して金利を上げています。

そして、アメリカをはじめとする先進国はデフレ懸念で政策的に通貨安に持ち込み、輸出で経済的落ち込みをカバーしようとしています。

通貨安競争といわれているのは、そのためです。

政府、日銀はさらなる金融緩和により、円安に誘導したいのでしょうが、前向きな資金需要がないので難しい。

逆に、金融緩和した資金が新興国に流れ、株式や不動産の価格がゆがめられたら、その副作用が怖いのです。

現に過去に日本がゼロ金利を解除した時に、遠く南アフリカの株式市場に影響があったことがあります。

このような激動している世界経済にあって、日本経済は流動的です。

そうであれば、機動的に動けるように予算を確保することが大切なのではないでしょうか。

与野党伯仲の国会を考えますと、心配になります。

自動車の補助金が終わり、今また家電のエコポイントが終了(縮小)されようとしています。

それぞれ需要の先食いですが、それでも目先の景気底割れを防いだのは間違いありません。

ここで政策を誤りますと、日本経済は本当に二番底になります。

ここ何日かの羽田空港のにぎわいを見ますと、成長分野に戦略的に前倒し(国債を発行しても)で集中投資をすることが景気浮揚にもプラスではないかと強く思います。

みんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!

posted by 森 大志 at 10:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41440509
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック