記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2010年08月31日

青汁のキューサイの買収・M&Aも時代の流れ

キューサイと言えば、、「まずい、もう一杯!」と宣伝し、青汁が大ヒットしたのは記憶に新しいことです。

その当時は、青汁と言えば飲みにくいものの代名詞で、テレビの番組の罰ゲームで飲まされることもありました。

しかし、今は違います。

いまや、サントリーなどの大メーカーから中小メーカーまでが参入していますが、飲みやすさを競っています。

ただ、多くの会社が参入する過当競争の業界でもあり、各社とも特色を出そうと様々な工夫をしています。

今日の日本経済新聞によりますと、
清涼飲料王手のコカ・コーラウエストは30日、健康食品のキューサイを買収すると発表した。約360億円を投じ、完全子会社にする。キューサイは成長が見込める健康食品市場で「青汁」など知名度の高い商品を販売している。コカ・ウエストはキューサイの子会社化によい、健康飲料などの商品開発やブランド力の強化につなげたい考え。

健康食品市場は、過去においては大手の参入は少なく、中小企業の独壇場でもありました。

しかし、日本の人口の高齢化に伴い有力市場になるに伴い、サントリー、キリン、味の素などの大企業が進出し、その技術力、開発力において中小メーカーの生き残りは厳しい時代になったとも言えます。

同じ記事によりますと、キューサイの決算は、
2009年10月期の連結業績は売上高が287億円、営業利益が24億円だった。

戦後の高度成長を支えた中小企業の経営者が高齢となり、事業承継が問題になっています。

そのような時代の要請から、事業承継税制の整備も行われましたが、今の厳しい経済環境を考えますと、何が何でも自分の子供に会社を譲るということは無理になりました。

その一つの選択肢として、M&Aがあり今回のケースはその参考になるのではないでしょうか。

キューサイは、過去に創業者から投資ファンドと経営陣が株式を買い取っていましたが、企業価値を高めて売却するということも出来ることを示しました。

冷静に見ますと、キュウーサイは今が売り時とも言えるのです。

大手が参入している健康食品市場で生き残るのは厳しいと、考えられるのです。

コカコーラと言えば、自販機での販売が強いのですが、青汁が自販機の商品として登場する日も近いのかもしれません。

税理士森大志は、顧問先の社長と一緒にがんばりたい、少しでもお役に立ちたい、いつもそう思い努力しています。

「がんばれ社長」応援いたします。

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!

posted by 森 大志 at 09:22 | Comment(0) | TrackBack(2) | がんばれ社長
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40459250
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

えがおの青汁
Excerpt: えがおの青汁の口コミと評判、味や価格をチェック!
Weblog: えがおの青汁
Tracked: 2010-09-10 12:59

飲みやすい青汁は「はちみつ青汁」
Excerpt: はちみつ青汁は「7才から70才まで102名」の74%の方が飲みやすいと回答を頂きました。 ミツバチ製品でおなじみの「山田養蜂場」のはちみつに青汁を合わせて飲み安さが格段にアップ! 野菜嫌いの子供達にも..
Weblog: 飲みやすい青汁をお探しの方に「はちみつ青汁」がおすすめ!
Tracked: 2010-10-06 18:11