記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2010年02月10日

トップ企業は大変・トヨタ問題を考える

基づくトヨタ自動車がリコール問題で揺れていることは、このブログでも書きました。

ここで考えますのは、トップ企業は大変だということです。

マラソンで、トップグループが縦に一列になっていることを連想してください。

トップは先頭で風を切っていますが、二番手以下はトップの影で風の影響は緩和されています。

風の影響は、トップで走っている人が一番受けるのです。

また、敵と戦う時に先頭に立つということは、矢面に立つということなのです。

トップ企業と言うのは、それだけプレッシャーも受けるのです。

日本に於いてトップ企業だということは、逆にみんなが尊重したり一目おくようなこともあり、無理を通すことさえできたかも知れません。

そして、今までは日本に於いてトップであっても、世界一の自動車メーカーはGMでした。

それが、世界一の座がGMからトヨタになり、直接のプレッシャーを受けるようになったのです。

特にアメリカは外国で、それも自動車の発祥の地でもあります。

日本国内と同じようにはいきません。

アメリカの大統領は民主党のオバマですが、民主党は自動車労組と関係が深いですから、いくらトヨタがアメリカで生産していても微妙な問題もあります。

それを考えても、もう少しクレームの最初の段階での対応が良ければと悔やまれます。

世界一になった時にプレッシャーが多くなるから、今までとは『違う』という認識が必要だったのではないか。

これは理屈ではありませんから、ブレーキの性能がうんぬんということだけではないのです。

ファストフード店で熱いコーヒーでやけどをしたと、損害賠償を請求した人がいる国です。

良い悪いを言っているのではなく、どのようなクレームが来るかわからないと言っているのです。

日本の製造業は、これから新興国向け製品の開発に活路を求めてゆこうと言われています。

そのために、『地産地消』を進めるともいわれますが、海外に進出した企業が技術だけを盗られないように国のバックアップが必要だと思います。

日本企業、日本人は『お人よし』だと笑われないようにしっかりと国益に基づいて考えたい。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!







posted by 森 大志 at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35240942
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック