記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2009年11月28日

経済は感情で動く・豊島区池袋の外貨両替ショップは行列です

昨日は急激な円高で大騒ぎでしたが、私の取引銀行にお金を下ろしに行ったら、銀行内の外貨ショップは大行列でした。

丁度1年前の2008年11月4日のこのブログの記事で、『円高!三連休は韓国買い物ツアーがすごい』と言うことを書きましたが、同じ円高でもその内容が違います。

1年前の円高は韓国のウォン安で、韓国に買い物客が殺到しました。

その時も今回と同じように外貨ショップは行列で、ウォンが売り切れになったりしました。

そのときは、ウォン安になった韓国は大変だと思いましたが、その後の韓国経済は輸出も好調です。

今回の円高はドル安なので、ドルを買い求める人でいっぱいなのです。

本当に一般の人の対応力は侮れないと思います。

ですから、このような敏感な経済行動は、政策を考えるときに無視できません。

経済不安になれば、財布のひもが固くなるのは当たり前です。

風を読むと言うことばがありますが、この風を読む力が問われているのだと思います。

それなのに、風を読まずに統計の数字を見て景気が良いとか悪いと言う人がいますが、それは現在、将来の数字ではなく、過去の数字なのです。

そうすると、経済が悪くなる時は手遅れになります。

日本の製造業を中心とした株式が大きく下がりました。

今の日本の産業構造は外需依存ですから、円高は輸出に大きな影響が出るので当然です。

このような時に、国が積極的に対応を考えていると思われるような行動も必要なのではないでしょうか。

そういう意味で、第二次補正予算の年内成立を期待したのですが。

確かに理屈では本予算の執行率が100%ではありません(残っているので)から、来年になってから第二次補正予算を成立させても
予算に切れ目がないので同じかもしれませんが、一般国民の受ける印象が大きく違います。

『経済は感情で動くのです。』

いま多くの国民は、将来に対して不安や閉塞感に悩まされています。

このような時は、政治のリーダーシップが必要です。

一歩後退しても、その後に二歩進めば結果は一歩前進です。

政府の果敢な取り組みに期待します。

昨日は外貨ショップの行列を見て、考えさせられました。

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!

posted by 森 大志 at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33893954
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

円高 原因
Excerpt: Qどうして急激な円高になったのですか?鳩山首相は、原因はドル安だと言っているようですがA投機ファンド勢などが売り参戦によるパニック売りです。「今週に入って米国の感謝祭でポジション調整のドル買い/円売り..
Weblog: 芸能ニュース
Tracked: 2009-11-28 22:52