記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2009年10月26日

第一法規・会社法務雑誌A2Zのコラム「悩める中小企業とこれからの経営承継」を執筆して!

このたび機会があって第一法規株式会社会社法務雑誌A2Z(エーツーゼット)のコラムを執筆しました。(2009年10月25日発行)

第一法規さんはA2Zにおいて、今年の6月号から12カ月集中企画「成功する経営承継・M&A」を始めたのですが、2009年11月号特集「オンナたちの経営承継!」の中のPremiumColumn人気ブログ税理士の視点「悩める中小企業とこれからの経営承継」を書かせていただきました。

日本経済の高度成長を支えた団塊の世代の人たちが、会社においては定年年齢になり、独立して起業した人たちは後継者問題に直面しています。

私は税理士ですから普段から中小企業の方々、特に社長さんとは様々なことを話す機会があります。

その中で、高齢化した社長の悩みの一つとして後継者をどうするかがクローズアップされてきました。

国もそのような中小企業の経営承継がスムーズに行くように、「経営承継円滑化法」を制定し、バックアップに乗り出していますが、適用要件をいかにクリアするかが課題となっています。

特に昨年のリーマンショックからの世界的な経済危機は、会社経営に大きな影響を与え、今まで順調な経営を行ってきた会社でさえも、経営危機になったりしました。

日本経済を牽引してきた自動車産業を底辺から支えてきたのが中小企業ですが、その中小企業が売り上げの減少と利益率の低下に苦しんでいます。

また、日本の場合は銀行借入時に代表者が個人保証する例が多く、そのことも経営承継の妨げになっていると感じます。

このことは、たとえ自分の子供であっても安易に経営権を譲ることをためらうような原因となっているのです。

今回の集中企画のタイトルが「成功する経営承継・M&A」となっているのも、自分の子供に経営承継するだけでなく、様々な選択肢があることを示しています。

会社法務というのは、あくまで会社法などの法律に基づいていますから決してやさしい内容ではありません。

そして企業実務においては人がかかわることですから、法律だけでなく、人の気持ち感情に配慮した対応が必要な場合も多くあります。

十人十色と言いますが、10の経営承継があれば10通りのやり方考え方があると言っても過言ではないのです。

そのような中で、とりあえず、分かりやすく書かれた会社法務雑誌A2Zのようなもので勉強を始めるのも良いのではないでしょうか。

今回自分が執筆したから言うわけではありませんが、弁護士、公認会計士、税理士、司法書士、社会保険労務士からコンサルタントなどの専門家、実務家が分かりやすく書いています。

会社法務の入門書として購読されることを、お薦めいたします。

また、最近この執筆とは別に、「森大志税理士事務所」「税理士森大志の起業戦略塾」、そして、このブログを様々な媒体で取り上げていただきました。

ここに、ご紹介するとともに改めて御礼申し上げます。

2009.08.20 月刊税理(鰍ャょうせい)9月号で紹介されました。
事務所経営ココが決め手!
「中小企業・地方経済の声を代弁しブログの新たな可能性を探る」

2009.10.06 税理士新聞(エヌピー通信社)第1283号(10月15日号)で紹介されました。
事務所訪問・税理士業界の匠
「中小企業の経営者に向けて毎日メッセージを送り続ける」

2009.10.21 税と経営(叶ナ経)NO.1703(平成21年10月21日号)で紹介されました。
この人「税理士森大志氏」という記事です。
税理士森大志のひとりごと」そして「税理士森大志の起業戦略塾」も紹介されました。

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!


posted by 森 大志 at 08:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33168034
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック