記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2009年04月27日

天に任せる『任天堂』・結果が出たら幸運に感謝!

週刊東洋経済2009年4月25日号に、任天堂の記事が出ていて、とても感心したので、参考にして今日のブログを書きます。

今までもこのブログでは何回か任天堂のことを取り上げていますが、会社の基本理念がしっかりしているから、今の任天堂があるのではないかと、今回の記事を読んで強く思いました。

税理士森大志のひとりごと『任天堂の戦略』)

(税理士森大志のひとりごと『任天堂の価格戦略に学ぶ』)

この記事は、任天堂の岩田聡社長のインタビュー記事なのですが、岩田社長の話を読むたびにいつも感心するとともに、岩田社長を外部から招聘した山内前社長の眼力にすごさを感じます。

任天堂という社名の由来を株主総会で株主から聞かれたそうです。

「任天堂」とは天に任せるです。(気がつきませんでした。)

これと似たようなことばに「人事を尽くして天命を待つ」があります。

大辞泉によりますと、「力のあらん限りを尽くして、あとは静かに天命に任せる。」です。

「人事を尽くして天命を待つ」とは、悪い意味では使われませんから、連想する人も多いと思います。

しかし、岩田社長は山内前社長から言われたそうです。

「人事は尽くせるとと思ってはいけない」と。

「人事を尽くすというのは、もうこれ以上やることはない」という意味ですが、「努力には際限がない」。

普通の感覚では、自分はこれだけやったと自己満足しがちですが、違うのです。

そして、結果が出たら「幸運に感謝しましょう」。

成功の2文字は社内の禁句で、言ったら会社が自滅するとまで考えている。

このブログでも書きましたが、よく絶頂の後に会社が危なくなることが多いのですが、任天堂はこんなに成功しているのに、運が良かったと思っています。

ですから、常に消費者の目線で製品の開発を行っているのだと、理解できました。

普通は、この商品の良さをわからないのはおかしい、これだけ良い商品だから高いのは当たり前だ、などと思いがちです。

この気持ちを忘れないでいければ(普通は驕りが出て自滅します)、今後も任天堂は最強ではないかと思いました。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!
posted by 森 大志 at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(1) | 新聞雑誌の記事から
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28680435
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

キングダムハーツ358/2days
Excerpt: キングダムハーツ358/2daysについて。キングダムハーツ358/2daysの同梱版や予約特典・攻略情報など。
Weblog: キングダムハーツ358/2days
Tracked: 2009-05-02 18:43