記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2009年04月14日

コンビニ戦国時代の始まりか!

今日の日本経済新聞によりますと、「イオンは売り場面積がコンビニエンスストア規模の超小型スーパーを本格的に出店する。価格と商品構成はスーパーに近い店舗で、大手小売りがチェーン化するのは初めて。まず首都圏を対象に二〇一二年二月期までの三年間で五百店にする。」

迎え撃つコンビニ業界も今までの定価販売から、低価格のグループプライベートブランド(PB)商品を置き対抗しています。

セブン&アイHDは、イトーヨーカ堂で扱っているPBを、ローソンはローソン100で扱っているPBを置くようになりました。

この決断は、コンビニが今までのような定価販売ではお客様をつなぎ止められないと思っているからだと思います。

一度、安売りに舵を切りますと元に戻すのは至難の業ですが、今の不況を考えますとやむを得ないと判断したのでしょう。

それくらい厳しい競争をしているのです。

給与が増えないのに社会保険料などの負担が増え、可処分所得が増えない現状を考えますと、当然の動きかもしれません。

今までコンビニではワンコイン弁当(500円)が主力でしたが、400円前後の弁当を増やして価格競争を行っています。

この動きは、あらゆる業界に波及すると思われますが、利益率の低下で今まで以上に苦しくなる企業が多くなるのではないでしょうか。

経営のかじ取りがますます難しくなることが予想されます。

躊躇することなく、早め早目の対策を取ることをお勧めいたします。

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!
posted by 森 大志 at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞雑誌の記事から
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28464437
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック