記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2020年08月04日

アメリカの4月〜6月のGDPは前年比34.8%減!

アメリカのGDPが新型コロナウイルスの影響で大きく減少しています。

ブルームバーグ調査では、4−6月GDPは前期比年率34.8%減と予想されている。

EUも、40%以上の下落です。

過去に例を見ない悪い数字なのです。

それなのに、日経平均は下げたり上がったりの展開です。

アメリカ経済が良くないということは日本からの輸出が望めないということです。

そのうえ、日本経済も低迷していますから、日本の大企業の業績もよくありません。

このままでは、日本の中小企業は立ち行かなくなるでしょう。

それなのに、危機感が足りない。

まるで他人ごとで、危機感がない怖さを感じます。

9月以降、日本の大企業の経営危機が表面化しそうです。

今までの常識が変わる、そんな気がします。




posted by 森 大志 at 11:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新しい日本のために
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187769485
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック