記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2019年04月30日

トランプ大統領、フランスのマクロン大統領の考えが分かりますか!

先日の日米首脳会談で、安倍首相がトランプ大統領に、アメリカで日本の自動車産業が4兆円を超える投資をする約束したそうです。

もし、本当なら大変なことになりますが、ニュースの扱いが小さいです。

投資といえば、本来、販売増に伴って行うものです。

しかし、ここでいう投資は、アメリカで販売する自動車はアメリカで作れというものです。

アメリカでの販売が増えるかどうかは関係ないのです。

アメリカで作るということは、雇用が増えるのです。(日本の雇用は減ります)

その結果、日本で製造してアメリカに輸出している分が減ります。

トヨタは国内生産300万台死守と言っていますが、楽観できません。

翻って、フランスのルノーが日産を統合したがっています。

フランスのルノーの大株主はフランス政府ですから、マクロン大統領の指示があると言われています。

日産はルノーが大株主ですが、会社の規模は日産のほうが大きく、今では日産車の委託生産により操業を維持しています。

フランスは若年層の失業が問題になっており、ルノーでの日産車の生産を増やし雇用を増やしたいのです。

そうすると、日本での生産は減るでしょう。

トランプ大統領、マクロン大統領ともに再選を目指しており、そのためには票に結びつく雇用を増やしたいのです。

危機感のない日本はカモにされます。

オールジャパンで、日本の将来を考えましょう。

税理士森大志が所長の森大志税理士事務所は、日本を支える中小企業を支援しています。

ご相談は、こちらをクリックしてください。




posted by 森 大志 at 11:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185932594
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック