記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2019年04月24日

コンビニに適用される優越的地位の濫用 とは!

公正取引委員会が、コンビニの24時間営業について契約を盾に加盟店が赤字なのに強制することは、優越的地位の濫用に該当する判断をするようだ。

公正取引委員会のホームページに優越的地位の濫用について次のように説明されている。

「優越的地位の濫用とは,自己の取引上の地位が相手方に優越している一方の当事者が,取引の相手方に対し,その地位を利用して,正常な商慣習に照らし不当に不利益を与える行為のことです。この行為は,独占禁止法により,不公正な取引方法の一類型として禁止されています。」

コンビニ本部と加盟店との力の差は明らかにコンビニ本部が有利です。

この流れは、最近増えている業務委託の個人事業主にも及ぶかもしれません。

何があっても対応できるようにしたいです。

税理士森大志が所長の森大志税理士事務所は、日本を支える中小企業を支援しています。

ご相談は、こちらをクリックしてください。


posted by 森 大志 at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185904194
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック