記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2019年01月29日

世界で企業格付け低下は危機の前触れか!

今日の日本経済新聞の一面トップは、昨年の10月から12月に企業格付けの低下が64%になると言う記事。

企業格付けとは、企業の信用力に応じて等級で表したものです。

米中貿易摩擦等々、様々な世界経済に悪影響を与えることが表面化した時期でもあります。

このような悪影響は、新興国、企業格付けの低い企業など、弱いところに強く出ます。

世界的な金融緩和は、融資審査が甘くなる傾向があります。

そして、融資額も過剰になりがちです。

また、リーマンショクの時は企業格付けがAAA(トリプルエー)と言われた優良企業も危機になりました。

ですから、今後の世界経済、そして影響を受ける日本経済に目が離せません。

くれぐれも、ご注意ください。

リーマンショックから10年が過ぎ、次の危機を心配しています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

税理士森大志が所長の森大志税理士事務所は、日本を支える中小企業を支援しています。

ご相談は、こちらをクリックしてください。


posted by 森 大志 at 10:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185456272
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック