記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2018年03月20日

年金機構の杜撰さが許せない!

今日の時事通信のニュースによりますと、「日本年金機構が個人データ入力を委託した東京都内の情報処理会社が、契約に違反して中国の業者に再委託していた問題で、同機構は20日午後記者会見し、1月上旬に違反を把握しながら、2月13日まで委託契約を続けていたことを明らかにした。」。

マイナンバーの取り扱いは、委託者の承諾を得ないと再委託はできないことになっています。

当然に、再委託は禁止していたそうです。

受託した業者は、個人名を削除して再委託したそうだが、日本の年金データが中国に漏れると言う認識がないようです。

また、そのような業者に委託した日本年金機構の責任は重い。

安く入札した業者を選んだようだが、計算は間違う、データは漏らす、本当に許せない。

年金保険料を納めても、将来、約束通り貰えるか疑問を持っている若い人が多い。

それなのに、信頼を裏切る行為は信じられないです。

大企業のデータ偽装と言い、日本のタガが緩んでいるのだろうか。

日本の将来が心配です。


posted by 森 大志 at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182748808
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック