記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2017年07月16日

都民ファースト圧勝の後で・・・!

私は、毎日バス通勤をしています。

先日、そのバスの車内で年配のご婦人が都議選の結果について話していました。

都民ファーストが勝ってよかったと・・・。

都民ファーストについては、決められないとの批判があります。

でも、そのご婦人たちの話を聞いていると、今までの都政についての批判をしていました。

どこで何を決めているかわからないと。

少なくとも小池知事になってからは情報公開をして、物事がわかりやすいと言うのです。

豊洲移転の経緯を見ても、巨額の税金を使うのに、誰が決めたかはっきりしない無責任体制が明らかになっています。

ボスが決めて誰も逆らえずに進んでいく。

そして、誰も責任を取らない。

政治に無関心と思われた年配のご婦人も黙っていられなかったのでしょう。

それが投票率に反映し、結果に表れたのです。

自民党惨敗の陰で民進党も大敗しました。

何故なのでしょうか。

民進党が旧民主党の時に政権を取ったのは、自民党に対する批判票が集まっただけで政策が支持されたわけではないのです。

それを、政策が支持されたと勘違いした。

そう考えると結果も理解できます。

都民ファーストから当選した公認会計士の都議会議員が、東京都の借金が6兆円もあり無駄が多いと指摘しています。

高齢者の多い東京都。

これから高齢化が進んだ時に施設が足りない、それを考えると他県に税金を譲る余裕はありません。

それなのに、ふるさと納税、法人地方税など税収が他県に流れています。

本来は国税で解決すべき問題を、東京都の税収で解決しようとしているのです。

年金資金の運用がプラスになったと言われても、株価を支えるために日銀がETFを購入していることを考えると単純に喜べません。

どうして個人消費が伸びないかを考えないと、意味がない繁栄になります。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

税理士森大志が所長の森大志税理士事務所は、今までの経験を活かし中小企業経営者の相談相手になります。

ご相談は、こちらをクリックしてください。

posted by 森 大志 at 05:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180355149
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック