記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2017年06月11日

あの鳥貴族も変調か!

好調を維持していた鳥貴族。

6月9日、居酒屋チェーンの鳥貴族は2017年7月期通期の業績予想を発表しました。
最終利益が前回予想から3億1300万円減の8億5100万円にとどまる見通しだと発表し、修正後の予想売上高は16億3700万円減の291億200万円、予想営業益は6億3800万円減の13億2100万円。
野菜価格の高騰などで原価率が悪化したことや、人件費の増額などが響いたそうです。

飲食業は、アルバイトに大きく依存しています。

そのアルバイトの時給が1000円を超えるようになってきました。

最近のサービス業はどこでも採用難と時給アップに苦しんでいます。

人件費の増額を価格転嫁できれば良いのですが、過当競争の業界では難しいです。

これから、採用難による新規出店の停滞、社会保障費や時給アップによる人件費増による倒産が現実のものになりそうです。

日銀は2%のインフレを目指していますが、価格転嫁が上手くいくかは疑問です。

GDPが増えれば景気が良いと言われますが、日本はGDPの約6割を占める個人消費が伸びていません。

金融緩和により無理をして需要を作っているとしたら。

個人消費の増えなくて景気が良いと言われても。

大企業は過去最高益を更新していますが、下請代金は増えているのでしょうか。

ここにメスを入れないと、本当の日本の景気回復はないばかりか二極化が進行する。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

税理士森大志が所長の森大志税理士事務所は、今までの経験を活かし中小企業経営者の相談相手になります。

ご相談は、こちらをクリックしてください。






タグ:鳥貴族
posted by 森 大志 at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180009575
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック