記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2015年01月05日

新年あけましておめでとうございます、本年もよろしくお願いいたします!

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

大企業の業績は改善しても、内需中心の中小企業の業績はなかなか良くなりません。

そんな中小企業を「ゾンビ企業」と呼ぶ人たちがいます。

リーマンショック後、業績の良くない中小企業を金融で助けてきたことに批判的な人たちです。

また、業績の良くない企業を市場から退却させれば、新陳代謝が起こり日本経済の活性化にも役立つと言います。

本当にそうなのでしょうか。

大企業の業績が良くなれば中小企業の業績も良くなる、円安になれば輸出も増えると言われましたが、実態はそうではありません。

大企業の利益は下請けには回らず、内部留保が増えています。

日本のGDPの6割は個人消費と言われていますから、年金生活者や非正規社員の生活が苦しいのだと思われます。

今までのような景気対策では、効果は限られるでしょう。

低所得の人たちに給付金を支給し、個人消費の手助けを考えるしかない。

二極化の進行は、今までの経済対策の効果も限られるのです。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!



posted by 森 大志 at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/110273180
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック