記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2020年07月04日

絶頂の後が危ない・いきなり!ステーキの苦戦

「いきなり!ステーキ」を展開するペッパーフードサービスが苦境に立っています。

2020年7月3日、「いきなり!ステーキ」」など114店舗を閉店し、希望退職者を200人募集すると発表しました。

そして、「ペッパーランチ」を投資ファンドに売却するそうです。

ドル箱の「ペッパーランチ」を手放し、背水の陣です。

2013年に始めた「いきなり!ステーキ」が、絶好調で一時は飛ぶ鳥を落とす勢いでした。

急激に店舗数を増やし、18年末には389店まで拡大したのです。

既存店売上高は18年4月から26ヶ月連続で前年同月を下回っています。

売り上げ低迷の理由が、「既存店の近隣に出店したことで商圏が重なり、客を奪い合った。立ち食いスタイルも徐々に飽きられた。」と言われています。

もっともらしい理由ですが、現実は経営の失敗です。

「いきなり!ステーキ」があまりに順調だったため、自信が過信となって経営判断を誤ったのです。

きちんと商圏の調査をすれば、商圏が重なることはありません。

ブームを実力と判断し、需要を読み違えました。

また、ビジネスモデルは「立ち食いスタイルでお客の回転率を高めることにより高原価の肉を安く提供できる」というものです。

店舗数が少ない時は誰も文句は言いませんでしたが、店舗数が増えるに従い椅子がないと嫌だという客が増え、妥協して椅子席を導入したのです。

18年5月には「国産牛サーロインステーキ」等を1グラム当たり1円値上げしたのです。

この時点で、ビジネスモデルが成り立たないばかりか、自ら壊したのです。

業績の良い時は、経営者は強気強気です。

そして、人の話を聞かず経営危機になるのです。

絶頂の後が危ない・いきなり!ステーキの苦戦は、予想できたのです。

リーマンショックを経験した経営者は、強気の中にも慎重です。

やはり、勉強、勉強ですね。



posted by 森 大志 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新しい日本のために

2020年07月03日

PCRの検査数が多いから感染者数も多いのですか?

東京都の新型コロナウイルス感染症の感染者数が連日100人を超え、お騒ぎになっています。

PCR検査の件数が増えているから感染者数も増えているという人もいます。

確かに、そういう面は否定できません。

しかし、今はマスクやアルコールなどの消毒液も薬局などで手に入ります。

感染対策が万全ならば、PCR検査数が増えても感染者数は増えないはずです。

それでも、増えているのです。

緊急事態宣言解除後、私も外食をする回数は増えました。

でも、感染に対する対応が甘い店が余りに多いことも書きました。

だから、対応が甘い店には行きません。

解除後、今までと同じように酒を飲んだり会食している若い人を多く見ました。

最近の感染者は、20代、30代の若い人が多いのが特徴です。

本人は新型コロナウイルスに感染しても、重症化しないかもしれません。

ただ、感染した若い人から家庭内感染、職場感染が怖いです。

事実、私もインフルエンザに感染し37.5度の発熱、うつした妻は38度以上の高熱で救急外来に連れて行った経験があるのです。

新型コロナウイルスに感染しても若い人は発症しないかもしれませんが、人にうつす可能性は否定できないのです。

油断大敵。

慎重な対応が望まれます。

posted by 森 大志 at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新しい日本のために

2020年07月02日

今のうちに新型コロナウイルス感染症対策をきちんとしてアピールしましょう!

最近の東京では、新型コロナウイルス感染症の感染者数がじわりじわりと増えています。

感染の第2波が心配されています。

私は、非常事態宣言解除後、外食回数を増やしていますが、がっかりすることも多いです。

新型コロナウイルス感染症に対する対応が甘い店が多いからです。

上場会社でも、甘いのにはがっかりでした。

私は、対応が甘い店には行っていません。

この経験から、顧問先の店舗経営者には新型コロナウイルス感染症対策をしっかりするように話しています。

いま、きちんと対策をし、お客様にアピール出きれば、再来店が期待できるからです。

いま、お客様は選別しています。

新型コロナウイルス感染症対策ができているお店か、そうでないお店かと・・・・・。

皆様の健闘をお祈りいたします。
posted by 森 大志 at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新しい日本のために

2020年07月01日

新型コロナウイルス感染症は指定感染症になっています!

日本では欧米諸国に比べて、新型コロナウイルス感染症に感染した人の死者が著しく低いです。

特に、40歳以下では、さらに少ないです。

そのことをもって、新型コロナウイルス感染症に対する危機感が薄れている人も多いです。

自分のことだけを考えれば、確かに怖くないかもしれません。

私は、インフルエンザに感染し、苦い経験があります。

一度目は、37.5度の熱が出て病院に行ったら、インフルエンザに感染しているとのこと。

しばらくして、妻が38度以上の高熱が出たので、救急外来に連れて行くとインフルエンザの診断でした。

私より私からうつされた妻のほうが重症になったのです。

新型コロナウイルス感染症でも同様のことがあるかもしれません。

二度目は、熱はなかったのですがインフルエンザが流行っていたので、念の為、検査をしたら感染が判明しました。

満員電車でうつされたと思っています。

タミフルを処方され、一週間の自宅待機を言われました。

自宅待機中、一度も37度以上の熱は出ず、何の問題はありませんでした。

しかし、仕事ができずかなり困りました。

今回の新型コロナウイルス感染症に対して、インフルエンザに感染した経験から、かなりナーバスになっています。

知らない人も多いと思いますが、新型コロナウイルス感染症は指定感染症になっています。

ですから、感染したら2週間隔離されます。

私は、それが一番怖いのです。

自分だけの問題ではなく、様々な方々に迷惑をかけることになるからです。

顧問先のお医者さんからは、ウイルスが変異するかもしれないから注意しなさいと言われています。

自分でできる限りの感染対策をして、リスクを減らしましょう。
posted by 森 大志 at 11:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新しい日本のために