記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2018年03月28日

商工中金の危機対応業務を守りたい!

商工組合中央金庫(商工中金)が新社長を迎えて再出発する。

商工中金と言えば政府が出資する政府系金融機関であるが、リーマンショックを受けて完全民営化を延期している。

何故なのか。

政府系金融機関の大きな役割である危機対応業務を行うからだ。

リーマンショックのような世界的な金融危機が起こった場合、民間金融機関での対応は限界がある。

それなのに、商工中金は業績の良い会社の資料を改ざんし、危機対応業務の対象として融資した。

その結果、危機対応業務の範囲を限定することになった。

今は、世界的な金融緩和なので中小企業の資金繰りもある程度余裕がある。

しかし、実際に危機が起こった時にはどうだろう。

いざ危機が起こった時に機動的に動くには、範囲を限定しては対応が遅れる可能性がある。

世界的な金融緩和の副作用が怖い。

リーマンショックから10年。

危機に備える体制の整備は重要だ。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

税理士森大志が所長の森大志税理士事務所は、日本を支える中小企業を支援しています。

ご相談は、こちらをクリックしてください。








posted by 森 大志 at 06:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本