記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2017年09月30日

希望の党代表小池百合子都知事は、自民党の票を取るつもりなのか!

衆議院が解散してから、政権選択選挙の名のもとに混乱が続いている。

その大きな要因は、民進党の候補者全員を希望の党が候補者として受け入れないということ。

希望の党の代表である小池百合子都知事は何を考えているのだろう。

自民党対全野党という構図ではないことは明らかです。

私は小池さんがこだわっているのは、民主党のリベラルと言われる人を排除して候補者を擁立すること。

それが上手くいけば、今まで自民党に投票していた人たちの票を取り込めるのです。

具体的に考えてみます。

現在の状況が次のようだとします。

自民党5万票、民進党4万票、共産党2万票。

だから、全野党が組めば、

自民党5万票、野党統一候補6万票。

小池さんが考えているのは、自民党から6千票を奪うこと。

自民党4万4千票、希望の党4万6千票、共産党2万票。

今まで民進党がまとまらないと言われているのは、保守系とリベラルの違いが大きいのです。

今、生みの苦しみを克服して選挙で勝てば、自民党の中の志を同じくするする人たちも合流します。

そう考えれば、今の混乱もありかもしれません。

いずれにしても、今のままでは日本が危ないと思っています。

日本が電気自動車での競争に負けたら・・・。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

税理士森大志が所長の森大志税理士事務所は、事例に基づいたセミナーを行っています。

ご相談は、こちらをクリックしてください。








posted by 森 大志 at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本