記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2017年07月09日

物事を損得だけで判断するだけでは!

先日、ある経験をしました。

巷では、物事を損得で判断することが多いです。

そんな時代なのに、損を承知で判断する人がいます。

自分の子供に社会経験をさせるために、あえて損をしました。

本来は損得で判断してはいけない税の世界でも、「ふるさと納税」という納税者の多くが損得で判断する税があります。

得をするから寄付をする。

税の世界に損得を持ち込んでは・・・・・・。

そう言う人が多いのに、あえて損をしたのです。

損得だけで物事を判断してはいけないと・・・。

最近は相続が争族になると言われます。

親の面倒見なくても法定相続分という権利を主張します。

なんでも損得で考える、ある意味当然と思えることが世の中を壊している。

だから、損を承知で社会経験をさせることが理解できたのです。

これからの日本では、消費税をはじめ国民の負担はますます増えます。

そんな時代だからこそ、損得だけでなく努力した人が報われる社会でありたい。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

税理士森大志が所長の森大志税理士事務所は、今までの経験を活かし中小企業経営者の相談相手になります。

ご相談は、こちらをクリックしてください。




posted by 森 大志 at 08:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本