記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2017年04月21日

米国抜きのTPPはうまくいくのか!

日本経済新聞の記事によりますと、「政府は米国が離脱した環太平洋経済連携協定(TPP)について、米国以外の10カ国と現行の枠組みを維持する方向で調整に入る。」そうです。

せっかく苦心して合意したTPPが、アメリカの政権が変わっただけでダメになるのは嫌だと言う気持ちはわかります。

でも、もし日本を入れて11カ国でTPPを発効しても、今後のアメリカの動きを見るとどうなんでしょうか。

アメリカはTPPの内容が不利だと二国間協定の締結に動いています。

アメリカとの間でTPPと違う内容で二国間協定を結べるのでしょうか。

特に、最近のトランプ政権は公約の実現が遅れています。

日本との二国間協定でも強く牛肉、乳製品、米、そして自動車まで輸入を増やすように迫るでしょう。

その時にTPPの内容と違ったら。

日本の防衛をアメリカに依存している今、そう考えると、いずれにしてもいばらの道です。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!



資金繰りのご相談は、森大志税理士事務所の新しいホームページをご覧ください。
http://www.moritaishi.net/

税理士森大志の執筆、セミナーの実績は、下記をご覧ください。
http://www.moritaishi.net/seminar


タグ:TPP
posted by 森 大志 at 10:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本