記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2016年01月30日

日銀のマイナス金利導入は、金融機関の融資を増やすのか!

日本銀行がマイナス金利を導入するそうです。

具体的には、金融機関が日銀に持っている当座預金についていた利息を、マイナスにするものです。

ある銀行の支店長との世間話で、日銀の当座預金残高に0.1%の利息が付くのでありがたいという話でした。

これからは、今まで利息が付いていたのに金利(手数料)を取られることになります。

これで、日銀の当座預金に眠っていたお金が融資に回るかと言うと、そんなに簡単ではありません。

今でも金融機関の貸出は増えていますが、実体は設備投資などに対するより不動産融資が増えています。

相続税課税強化に伴う資産家の相続税対策で貸家の建築が増えており、それに伴った融資が増えているのです。

少子高齢化が進む中での新築貸家の増加は、いつか来た道かもしれません。

不動産融資の不良債権化が進んだらどうするのでしょうか。

日銀のシステムレポートでも不動産融資の多さを指摘していたはずです。

世界的な経済不況が心配される中、日本が落ち着いているのは、メガバンクをはじめとする金融機関の経営が安定しているからです。

そして、日本のリーディングカンパニーである自動車産業の好調も無視できません。

日銀の行っている金融緩和だけでは、本当の経済成長はできません。

よく言われることですが、時間稼ぎでしかありません。

日本を代表する電機メーカーである東芝、シャープの不振は日本の産業の競争力が低下している証です。

規制緩和と技術革新がなければ、日本は世界との競争に負けます。

大企業の利益の源は、円安による増収が多く、輸出の数量増ではないのです。

日銀のマイナス金利の導入で、出口戦略がますます難しくなるでしょう。

金融機関の経営を圧迫すれば、様々な影響が危惧されます。

これからの日本経済を冷静に判断することが大切です。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!






posted by 森 大志 at 09:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本