記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2016年01月12日

シャープ、東芝の苦境は軽視できない!

今日の朝日新聞によりますと、経営再建中のシャープが主力取引銀行に1500億円規模の追加金融支援を求めるそうです。

不振を招いた液晶事業を切り離す。

本体に残る白物家電事業は、東芝との統合を検討する。

なかなか、再建がうまくいかないようです。

日本の高度成長期に大きく飛躍した大手家電メーカーが苦境に立っています。

アベノミクスで円安になった時に、Jカーブで輸出が増えると言われましたが、実際は違いました。

輸出産業の好調は、数量増より円安のほうが寄与度が高いのです。

日本の産業の競争力が衰退しているのではないか。

シャープ、東芝の現状は、日本の競争力の低下の表れです。

今はトヨタをはじめとする自動車産業も、電気自動車の時代になるとどうなのか。

私は、日本の現状に強い危機感を持っています。

リーマンショックの時は、自動車産業の大幅な減産が日本経済に大きな影響を与えました。

自動車産業の力が落ちたらどうなるのか。

不安は尽きないです。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!



posted by 森 大志 at 07:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本