記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2015年12月22日

キリンホールディングスの赤字・海外投資は簡単ではない!

キリンホールディングスは、2015年の通期の最終損益が株式上場以来、初の赤字に転落する見通しです。

ブラジル子会社のブラジルキリン社の業績が大きく落ち込んで、資産価値の評価を引き下げるからです。

日本国内の少子高齢化に伴って、新興国の会社を買収する動きが活発ですが、新興国経済のぜい弱さもあり、苦戦しているのが現実ではないだろうか。

このことは、色々な問題を含んでいます。

たとえば、日本企業の海外投資を支援する円借款ですが、新興国経済が停滞すれば、すぐに返済に影響します。

最近の大盤振る舞いを見ますと、とても不安になります。

その原資は、いうまでもなく、私たちの税金だからです。

アメリカの金利引き上げは、新興国経済にボデーブローのように効いてくるでしょう。

世界的な金融緩和は、リーマンショックのような危機の再来があるかもしれません。

日本でも金融機関の不動産投資が増えています。

少子高齢化の進む日本で、過大な投資が行われている気がします。

東京五輪運営の、あまりに杜撰な計画を見ると、東京五輪後の大不況の不安がよぎります。

消費増税は多くの人々の生活に影響しています。

それでも、将来の日本のことを考えればやむを得ないと思います。

それなのに、無駄遣いの多いこと。

今回、消費税の10%時に軽減税率の導入をしますが、それでも10%の重みは無視できないです。

日本経済は耐えられるのか。

そう考えると無駄なことをする余裕はないはず。

大丈夫か日本。

東芝の巨額赤字を見ても、日本企業が競り負けている現実は否定できません。

日本の現実に目を向けて、みんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!




posted by 森 大志 at 19:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2015年12月20日

世界経済は大丈夫?・アメリカの利上げの影響を注視したい!

アメリカがついに利上げを決意しました。

新興国をはじめとする世界経済に大きな影響があるのは明らかです。

リーマンショックの時を思い出してみましょう。

アメリカのリーマンブラザースの倒産が起因となりましたが、当初は中国などの新興国経済が好調だから、大丈夫だと言われました。

ところが、その新興国はアメリカ経済に大きく依存していたのです。

だから、アメリカ経済の失速に伴って世界経済に大きな影響が出たのです。

今回のアメリカの利上げは、アメリカ経済が良いから行われたと言われます。

アメリカでは好景気により、失業率の低下しています。

しかし、最近では賃金の上昇が注目されます。

日本でも非正規社員の増加が問題になっていますが、低所得の人の増加は個人消費に影響します。

アメリカの利上げ前に心配されたのは、新興国から資金が逃避するということ。

世界的な商品市況の低下は、資源に依存する多くの新興国経済に影響を与えています。

その中でのアメリカの利上げですから、新興国経済に大きな影響があるのは避けられません。

よく、アメリカの利上げは十分な時間をかけて行っているから、しっかり準備ができていると言います。

現実は、アメリカの利上げに伴って中南米ではチリ、メキシコが利上げをしました。

利上げは新興国の国内景気を冷やすのは確実なのです。

そして、アメリカはさらなる利上げを考えています。

それほどの影響があるのにアメリカは利上げと金融緩和縮小に動いています。

バブルが怖いのです。

翻って日本はどうなんでしょうか。

日銀の追加緩和を求める人がいます。

18日の日銀の政策決定会合では、現状の大規模な金融緩和を補完する措置の導入を決定しました。

実質は、現状維持がやっとです。

さらなる金融緩和を行えば、目先的には株価は上昇するでしょうが、出口戦略がますます難しくなるでしょう。

日本国債の暴落はないのか。

本当に心配になります。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

森大志税理士事務所の新しいホームページはこちら。
http://www.moritaishi.net/





posted by 森 大志 at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2015年12月15日

マイナンバー、軽減税率など中小企業には厳しい!

来年からマイナンバーの利用が開始され、消費税が10%の時には軽減税率が導入されます。

どちらの制度も手作業では手間がかかることから、コンピューターの活用が避けられません。

ここで、ついて行けない企業は脱落するのでしょうか?

リーマンショック後、悪戦苦闘する多くの中小企業の方々を見てきました。

実際に国の資金繰り対策に助けられた企業も多かったです。

国が厳しい財政状況の中、赤字国債を発行して補正予算を実行したのです。

感謝、感謝です。

しかし、時代の流れは速く、多くの中小企業が付いて行けないかもしれない。

ダメな企業が淘汰されれば、優良な企業に人材が流れるので、倒産はやむを得ないと言います。

はたして、そうなのでしょうか。

今回の補正予算を見ますと、中小企業の資金繰り対策が十分でない気がします。

結局は、しっかり勉強して強い会社を創るしかありません。

やはり、中小企業は勉強あるのみ。

皆様の健闘をお祈りいたします。

森大志税理士事務所の新しいホームページはこちら。
http://www.moritaishi.net/





posted by 森 大志 at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2015年12月11日

企業実務オンライン「Taxマインドの磨き方」第3回が配信されました!

企業実務ONLINE で、連載中の「Taxマインドの磨き方」の第3回が配信されました。

内容は、『贈与税に落とし穴!子供名義で親が内緒で積み立てた預金は誰のもの?』です。

http://www.kigyoujitsumu.jp/career/self-development/10918/

贈与の注意事項について説明しています。

少しでも、皆様のお役に立てばうれしいです。

第1回は、「マイナンバー制度導入で囁かれる”噂”は本当か?」でした。

http://www.kigyoujitsumu.jp/career/self-development/9479/

第2回は、、『遺産じゃないのに「死亡保険金」が「相続税の計算」に含まれる理由』です。

http://www.kigyoujitsumu.jp/career/self-development/10312/

合わせてご覧ください。

「Taxマインドの磨き方」は、企業の担当者の方々に、税の考え方を理解していただくために書いています。

今後とも、よろしくお願いいたします。

企業実務オンラインの、過去の記事は政府系金融機関の各種貸付ガイドです。

こちらも、あわせてご覧ください。

第1回目は、「 苦しい時こそ頼りになる日本政策金融公庫のセーフティネット貸付 」です。
http://www.kigyoujitsumu.jp/accounting/5167/
第2回目は、「中小企業を応援する日本政策金融公庫の成長支援貸付 」です。
http://www.kigyoujitsumu.jp/accounting/6193/
第3回目は、「災害や金融危機に対応する商工中金のセーフティーネット機能 」です。
http://www.kigyoujitsumu.jp/accounting/6258/
第4回目は、「商工中金の成長・創業支援 」です。
http://www.kigyoujitsumu.jp/accounting/7392/

やはり、中小企業は勉強あるのみ。

皆様の健闘をお祈りいたします。

posted by 森 大志 at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本

2015年12月04日

通知カードのドタバタでマイナンバー制度の信頼が揺らぐ!

来年から利用が開始されるマイナンバー。

その前提となる通知カードは、10月5日から順次配達されると言われていました。

私に届いたのが11月29日です。

通知カードは個人情報のため簡易書留で送られます。

日本全国で5千万通を超える数を配達するのも大変ですが、印刷も遅れたようです。

なぜ、なぜ、なぜ。

私は、マイナンバー制度のセミナー講師をやっていますが、社会保障と税の一体改革の話をしますと、皆さん理解して納得してくれます。

そのための安定財源としての消費税もやむを得ないと思っています。

マイナンバー制度は、その前提となる制度でもあります。

多くの国民は、嫌でもしょうがないと思っています。

それなのに、あまりにお粗末な事態が発生しています。

業者に丸投げで自分では勉強しない役所のミスも目立ちます。

こんな状態では日本の将来が心配になります。

日本のシステムが劣化しているのでしょうか。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!
posted by 森 大志 at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本