記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2015年07月24日

貿易赤字が続く日本、このままで良いのか!

2015年上半期の(1月〜6月)の日本の貿易収支が赤字となった。

9半期連続の赤字である。

日本が円高の時には、円安になればJカーブで輸出が増えると言っていた。

円安になり輸出が低迷しているときは、時差があり、もうすぐ輸出が増えると言った。

円安が続いているが、輸出量は増えず、原油価格の低下による恩恵で赤字が減少しているに過ぎない。

かつて貿易立国日本と呼ばれた面影はない。

今では、貿易収支だけでなく経常収支が重要だという。

経常収支が好調なのは、過去の貿易収支が黒字の時に蓄えたお金が収益を上げているだけであり、楽観できない。

そんな中、IMF(国際通貨基金)は、日本に対する年次報告で財政健全化や構造改革が不完全だと指摘している。

政府から来年度の概算要求基準が示されたが、歳出総額の上限を設けないという。

来年は参議院選挙があるので、予算の確保競争が激化しそうであるが・・・・・。

日本経済に対する危機感はあるのか。

予算をつけることイコ−ル成功ではない。

バラマキはやめてほしいのだが、名前を変えているだけで実態は変わらない。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!



posted by 森 大志 at 08:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本