記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2015年07月22日

アメリカは金融大手の資本上乗せ!

今日の朝日新聞の記事によると、「米連邦準備制度理事会(FRB)は20日、米国の金融大手8社に資本の上乗せを義務付ける規制の最終案を承認した。
金融危機が起きた場合に備え、損失を吸収する資本をより多く持たせて金融システムの安定化を図る。
対象はシティグループ、バンク・オブ・アメリカなど8社。各社が持つ資産に占める資本の割合を、従来の規制より1〜4.5%幅上乗せするよう求める。米メディアによると、上乗せ分は約2千億j(約25兆円)にのぼる。」。

アメリカは、リーマンショックの経験を活かし着々と備えを固めている。

金融緩和の縮小、金利引き上げもバブル崩壊を恐れてのこと。

それに引き換え日本はどうなんだろう。

1000兆円を超える国家債務があるにも関わらず、新国立競技場の建設では、建築費、維持費が膨大な競技場を建設しようとした。

なんて愚かなことなのか。

1000兆円の1%の金利でも年間10兆円になる。

大企業は景気が良いかもしれないが、多くの中小企業は苦しんでいる。

また、生活が苦しくなったという人も多い。

日本もアメリカ同様、更なる備えが必要だ。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!


posted by 森 大志 at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本