記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2013年10月23日

阪急阪神ホテルズ・料理偽装は犯罪です!

今日の朝日新聞の記事に、阪急阪神ホテルズの料理
偽装の件がある。

記事によると、大阪新阪急ホテルで11年4月〜今年
7月に宴会場のパーティー料理にあった「芝エビと
イカのクリスタル炒め」では、1キロ2500円の
芝エビに対し、安いバナメイエビ(同1400円)
を使っていたという。

シェフは表示と食材の違いに気付きながら「言い出せ
なかった」として放置されていたそうだ。

これに対して、阪急阪神ホテルズの説明は、「アピー
ルポイントを強調しようとしてメニューを作り、誤っ
た表示をした。意図的、明確な意思を持っていないが、
一線を越えてしまった。本社としてチェックもできて
いなかった。」と謝罪した。

この言葉を聞いて信じる人がいるのだろうか。

芝エビと言って安いバナメイエビを使ったのなら、
詐欺と一緒だ。

新メニューを創るときには、原価計算をするはずだか
ら、気が付かなかったと言われても信じがたい。

今はやりの、俺のフレンチや俺のイタリアンで働く
シェフも、他店で働いているときに原価率にこだわる
ので、良いメニューが出来なかったと言う。

今回の件でシェフが言い出せなかったのではなく、
恒常的に同様のことをしていたのではないか。

最近の価格競争は、ホテルも例外ではない。

特にパーティなどでは、安い食材を使用した料理が
出てくることが多い。

徹底的に、原価率にこだわっているのが分かる。

その結果、ホテルで食事をしても感動することが
なくなった。

私の妻は、雪印事件の後に雪印製品を買わなくなった。

スーパーで特売されていても買わない。

今回の件で、阪急阪神ホテルズは信用という一番
大切なものを失った。

これから大きな代償を払うことになるだろう。

そして、このことは他の飲食店においても、他人事
ではないかもしれない。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!
posted by 森 大志 at 08:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本