記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2012年04月15日

町工場の生き残り、下請けからの脱皮しかない!

今日の朝日新聞の記事、「町工場が消える」を読み
手遅れではないかと思った。

リーマンショックから3年以上が過ぎ、大企業の下
請けとして優れた技術を持っていた企業も倒産や廃
業が相次いだ。

その間、大企業でも生き残りをかけた対応が取られ
原価低減、経費削減が進んだ。

原価低減の中身は、原材料費、外注費の低減だ。

最近では、さらに円高が進んでいるから、さらなる
原価低減が進んでいる。

記事でも、日本で部品をつくる理由がないという自
動車メーカーの話が載っている。

大手企業も地産地消が進んでいる。

下請けも新興国に進出するしかない状況なのだ。

日本では、下請けである限りこれからも値下げ要請
は続く。

下請けを脱皮し、自社製品を持つしかない。

そんな中、東京都が中心になって「アジアヘッドク
オーター特区構想」が進んでいるようだ。

規制緩和や法人税の引き下げなどで、500社以上
の外国企業を誘致する計画。

計画はすばらしいが。

国内の企業が日本でやって行けなくて海外に出て行
くのに、日本に誘致できるのか。

規制緩和や法人税の引き下げが魅力なのか。

先進国では高い電気料、どこまで増えるか分からない
社会保険料負担など企業の負担が増えることばかり。

行財政のスリム化は進まず、負担能力を考えない
企業の負担増。

新興国の追い上げを考えると、本当に心配だ。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!
posted by 森 大志 at 10:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本