記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2012年03月16日

理想と現実の狭間で、太陽光発電の曲がり角!

どんなに良いことでも、実現できるとは限らない。

でも、そのために努力することは必要でもある。

それが科学を進歩させる原動力にもなるからだ。

今日の朝日新聞によると、脱原発に向けて動いて
いたドイツで、太陽光発電が曲がり角を迎えてい
るそうだ。
自然エネルギーによる電力を固定価格で買い
取る制度により普及を続けてきたが、この2
年間、発電パネルの新規設置が急増したため、
買い取り費の電気料金上乗せによる国民の負
担増が無視できなくなった。政府は、買い取
り価格の大幅切り下げを決めたが、反対意見
も広がっている。

太陽光発電に関しては、反対する人はいないだろう。

しかし、現実はコストの問題がいつも課題になっ
ている。

本来、新規設置が増えるのは喜ばしいはずなのに
、新規設置が急増したため上手くいかない制度と
はなんなのか。

日本においても、これから電力を固定価格で買い
取る制度がスタートするが、いま電力料金の値上
げが問題になっている。

そのような時に、負担増になる買い取り制度が上
手く機能するのか。

過去に、日本では太陽光発電の導入のための補助
金が打ち切られ、新規設置が急減した。

経済合理性のないものを、補助金や買い取り制度
で支えるには無理がある。

でも何もしなければ、進歩しないのも事実。

理想と現実の狭間で悩みながら、解決して行くの
が人間の知恵なのかもしれない。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!



posted by 森 大志 at 07:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本