記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2012年01月16日

欧州の銀行は資本増強が出来るのか、それとも貸し渋りか?

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)
によるフランス、イタリアなどユーロ圏9カ国の国債の
格下げは、新たな不安がくすぶっている。

ヨーロ危機は、中国などの輸出に影響しひいては日本の
輸出にも影響する。

危機の連鎖が怖い。

銀行の信用を見る指標として自己資本比率があるが、
この自己資本比率を上げるために資本増強を求められ
る。

ただ、経営不安がある銀行の資本増強に応じるところ
は限られる。

そうすると、自己資本比率を高めるために貸し出しを
絞ることになる。

これが、良く言う「貸し渋り」だ。

銀行から貸し出しを受けられないと、すぐに貸し渋り
と言う人がいるが、そんな単純な問題ではない。

業績が悪いのに貸し出しを断られた会社まで、貸し渋
りと言うのは疑問である。

本来、業績も順調であるのに融資を受けられないこと
をいうと理解している。

だから深刻な問題なのだ。

貸し渋りがあると、健全な会社であっても経営危機に
直面することがある。

今回の欧州の動きは、まだ日本の金融機関に影響は
出ていないが、早め早めの対応が求められる。

特に、中小企業に対する貸し出しの多い、地方銀行、
信用金庫等の中小金融機関に対する資本増強を考えた
い。

改正金融機能強化法を積極的に活用してほしいものだ。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!



posted by 森 大志 at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本