記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2011年12月03日

「国民生活産業・消費者団体連合会(生団連)」の設立は何を意味する!

小売、食品、外食などの500近い企業が結集した
「国民生活産業・消費者団体連合会(生団連)」が、
設立された。

代表は、あの売上税の時にマスコミにも多く登場し
た清水信次ライフコーポレーション会長。

消費者目線の提言を目指すそうだ。

確か清水代表は80歳代で、戦争にも従軍しています。

本来は、引退して悠々自適の生活をしていてもおか
しくないのに、何が清水代表を駆り立てるのか。

最近の風潮は、増税が先行するイメージが強いが、
一般消費者を相手にする流通業界は敏感に反応して
いるのでしょう。

消費不況と言われる現状は、資源高、食糧高を製品
価格に転嫁できないで苦しんでいる。

その上、増税となれば更なる売り上げ不振に苦しむ
恐れが強い。

国内総生産の約6割と言われる個人消費が低迷すれば、
増税の効果も半減ですから意味がなくなる。

おそらく、これから積極的に動くのではないか。

今日も朝のテレビ番組で、官民格差とか無駄遣いの
内容を検証していたが、あまりにひどい。

このままでは、増税はできないと思われる。

それほど、官民格差と無駄をこのままにしての、
増税が先行することに対する反発が強い。

ただ、そうは言っても増税の必要性は理解している
人も多いので、徹底した無駄の削減と丁寧な説明が
できるかがポイントだ。

多くの中小企業は、売上不振による赤字経営で苦し
んでいます。

どのようにして生き残るか必死なのです。

それなのに無駄遣いが多いのはなぜなのか。

本当に理解できない。

日本の再生のためにみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この危機をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!




posted by 森 大志 at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本