記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2010年11月11日

電気自動車は家電なのか・ビックカメラで販売を検討!

先日、「ヤマダ電気が最高益・次に何を売る!」
いう記事を書きました。

抜粋しますと、
今は家電量販店の範疇にあるヤマダ電機ですが、家電商品の
多くが成熟商品になった今、どこに向かうのか。

太陽光発電から住宅に行くのか、ネット販売を強化して
総合的な販売店になるのか、目を離せません。

エコポイントの終了後は、大きな販売力を武器に価格交渉に
臨むことが考えられ、家電メーカーの統廃合、機種の絞り
込みなど、業界再編が進むと思っています。

不景気と言われる国内経済を考えますと、大きな販売力を
もったところがキャスティングボードを握ることになります。

それは、日本の産業構造をも変えることになるかも知れない。

そんな中、ヤマダ電気のライバルであるビックカメラが
三菱自動車と販売協力し、電気自動車の販売を検討して
います。

当初は、電気自動車を展示し、顧客を紹介するそうですが
販売も視野に入っています。

いまはエコポイントの影響で薄型テレビが売れていますが、
テレビの普及率を考えますと、販売はほぼ限界に達して
います。

エコポイントが終了後に販売が急落しても、おかしく
ないのです。

そのような状況で、強烈な販売力で市場を開拓し、
シェアを伸ばしてきた家電量販店が、ただ手をこま
ねいているわけがありません。

中型以下の液晶パネル生産が、中国をはじめとする
新興国に移っている現状は、中型以下の液晶テレビの
生産も新興国が中心になります。

過当競争の中で、日本メーカーは利益を出し続け
られるのか気になります。

現にソニーは、薄型テレビの販売では赤字でした。

よく私は日本人は農耕民族だと言いますが、その中で
家電量販店は狩猟民族なのです。

ヤマダ電機も、電気自動車は家電だというくくりで
首都圏の一部店舗で販売を始めるそうです。

いい意味で、電気自動車の販売競争が価格に及び
普及が進むかも知れません。

本当に家電量販店から目が離せません。

みんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!


posted by 森 大志 at 14:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | がんばれ日本