記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2010年11月09日

戦略的需要の創造を考えたい

9月7日にエコカー補助金が打ち切られましたが、自動車販売の
現場ではため息が漏れています。

どの自動車販売店も10月の新車販売は、前年同月比で20%
以上減少しました。

このことは、エコカー補助金の影響があったのは間違い
ありません。

需要の先食いであるエコカー補助金が打ち切られただけで、
これだけ影響があるということは、今後のエコカー減税、
そしてエコポイントが終了した後のことを考えますと、
かなり厳しい。

目先の不況対策として、たとえ需要の先食いであっても
エコポイント、エコカー減税、補助金は有効でした。

しかし、それはあくまで国がお金をつぎ込んだからであり、
その結果、経済が多少持ち直しても本物ではありません。

需要の創造ではないからです。

これからの日本は少子高齢化が進むと言われ、実際に
世界に例がないくらい急速に進行しています。

そうであれば、革新的改革を行わなければ手遅れに
なります。

それも早急にです。

危機感が足りないのではないかとイライラします。

少子高齢化が進みますと、労働力が不足すると言われ
ています。

国の借金を考えますと、日本国民みんなが働く仕組みが
必要なのではないかと思います。

国を家庭と考えますと、借金があれば家族みんなで働いて
返すのは当たり前だからです。

幼保一元化を早急に進め、子供がいても働けるシステム
の構築をし、高齢者も年齢にあった働き方を考えること
が大切だと考えます。

女医さんが結婚をして子供ができたから働けないと、
聞いたことがあります。

女医さん一人を育てるのに掛かった時間とコストを
考えますと、こんな無駄はありません。

いまある人的資源の有効活用も考えたい。

海外を見ても夫婦共働きは普通ですし、急速に高齢化が
進んだ日本では、高齢者が年金だけで生活するのは無理
があります。

そのように国民みんなが働く仕組みを考えますと、新しい
産業が生まれたり、余暇を楽しむ人が増え、新しい需要が
創造されるのです。

今言われている、介護事業に就職を促すだけでは、新しい
需要が生まれるとは思えません。

みんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!


posted by 森 大志 at 11:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本