記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2010年11月04日

オバマ政権の敗北は経済問題、日本も同様の問題!

アメリカの中間選挙において、オバマ政権が大敗を
喫しました。

今日の日本経済新聞では、中間層の反乱と書いていますし、
朝日新聞では経済に不満集中と書いています。

このように、世界経済をリードしてきたアメリカの苦境は、
世界を混乱に陥れています。

批判の強いオバマ政権ですが、決して手をこまねいていた
わけでなく、オバマ大統領が就任直後に史上最大規模の
景気対策法を成立させ、出来ることはなんでもやった結果
なのです。

最近でも、経済は一進一退を続けていますから、将来に
対する不安が今回の結果になったのでしょう。

翻って日本はどうでしょう。

高度経済成長に伴い日本は、1億総中流と言われるほど、
豊かさを国民が共有しましたが、バブル崩壊に伴い失われた
10年と言われるように経済が停滞しました。

それは、都市と地方、世代間の格差を生み、地方では
シャッター通り商店街と言われる経済的疲弊、若年層
では就職難民といわれる雇用不安が台頭しています。

内容に関しては議論がありますが、日本も出来ることは
なんでもやったのですが、財政難のおり、どうしても
対策が後手後手になったのは否めません。

よくみんなの意見を聞きながらと言いますが、自分は
こうしたいと言う信念に基いてリーダーシップを発揮
することを求められています。

国民の意見が多様化した現代においては、みんなの意見の
いい所だけを採用すると、中途半端な政策しか出来ません。

実際に、過去にはあらゆる政策に予算を付けてあれもこれも
やっていると言うことがあったからです。

幼稚園と保育園の一体化の話しも、こども園に集約する
のに10年かかると言います。

これだけ世界が流動化している時に、10年かかるのでは
改革はできないと判断されるでしょう。

現に、企業においては工場の海外流出は急速に進んでいま
すが、ここ2、3年で結果を出すでしょう。

企業は、全世界の大企業と競争しているのですから当然です。

それに比べて、政治の決断は遅い!

日本は今改革しないと、何も出来なくなります。

もう、手遅れだと言う人もいます。

みんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!


posted by 森 大志 at 10:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本