記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2010年10月13日

研究者育成基金を創設し、研究者育成寄付金控除を!

日本人研究者がノーベル化学賞を受賞し、その影響は日増しに強くなっていると感じます。

それだけ、閉塞感漂う日本人に希望を与えたのだと思います。

中高校生や若い研究者に希望と勇気を与え、自分もがんばろうと思ってもらえればうれしい。

今回の根岸英一、鈴木章両氏の研究は、私たちの生活に欠かせない画期的な成果を上げました。

今回の研究は特許を取っていませんが、もし取っていたらどうだったでしょうか。

莫大な特許使用料が両氏に入ったか、それとも、使用料を払うことがネックになって今みたいに広まったか、わかりません。

ただ、研究は多くのものに利用され、それだけ役に立っていることは間違いないでしょう。

ノーベル賞を受賞する日本人研究者が続出していますが、年齢的には戦後アメリカで研究した方々が中心です。

現在の日本の状況は?

これからの日本の将来を担う若い研究者の出現を望みますが、そのためには、潤沢な研究費が必要なのは否定できません。

ただ、現在の国の財政状態は余裕がないのも事実です。

そうであれば、研究者育成基金を創設し、研究者育成寄付金控除を設け寄付者に税制上の恩典を与え、国民みんなで支えることを考えたい。

目的がはっきりしているので、お金は集まると思います。

また、この基金で育った研究者が寄付をしてくれるようになれば、善の循環になりますから、ますますよくなります。

みんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!

posted by 森 大志 at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本