記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2010年09月17日

日本経済新聞のトップ記事は金型2社の統合

今日の日本経済新聞のトップ記事は、金型2社の政府主導で統合です。

金型と言えば技術立国日本の要となるもの。

金型最大手のオギハラがタイ企業の傘下に入り、技術を教えているのはNHKの番組で見ました。

その時に、このまま技術移転が進んだらどうなるのだろうと心配したものです。

今日の記事の内容は、
自動車用金型で国内2位の富士テクニカは同3位の宮津製作所(群馬県大泉町)の事業を買収する。宮津は事業譲渡後に会社を清算、富士テクニカは企業再生支援機構から8割の出資を受け入れ経営基盤を強化する。金融危機後の受注急減で金型各社の経営環境は激しさを増している。両社は統合を機に先端技術の開発や海外展開を加速、生き残りを目指す。日本のものづくりの根幹を支えてきた金型産業の再編が政府主導で動き出す。

日本の技術を守るための企業再編がスタートしたとの内容ですが、技術力がある、日本の上位企業が同様に赤字で苦しんでいる。

リーマンショック後の自動車産業の減産は、その下請けである中小企業の経営を直撃しましたが、技術力があると言われる金型産業も例外ではなかったのです。

このことは、いくら技術力があっても下請けである限り避けられないことなのかもしれません。

日本の高度成長を支えた中小企業が、丁度世代交代の時期を迎えています。(団塊の世代の経営者が多い。)

その中小企業の技術を守るために事業承継税制を整備し、相続税の負担のために企業経営が不安定にならないように配慮しました。

しかし、今回の金型産業の苦境は、技術力があるだけでは経営を維持できないという重要な問題を含んでいるのです。

なぜ、金型産業が経営不振になったのか。

その解明をして今後に生かさなければ、赤字と言うだけで国が支援するのではいくらお金があっても足りません。

そして、今回の記事にもありましたが、生き残りをかけて海外展開を加速するのですから、工場の地産地消は進むのです。

日本国内の製造業の形をどうするのか。

それにより雇用はどうなるのか。

改めて国家戦略が問われています。

みんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!


posted by 森 大志 at 13:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本