記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2010年08月25日

経済は感情で動く・その前提は信頼感

経済は感情で動くと言われています。

ですから、企業はこの不況期に需要を喚起しようと、様々な手を打っています。

広告宣伝などは、その代表でしょう。

感情に訴えて需要を伸ばす、普通に行われています。

しかし、この感情ほど厄介なものはありません。

いま為替は円高に振れていて、日本経済に与える影響が懸念されています。

そこで、経済界などから政府、日銀に対して円高対策を要望する声が強くなっています。

ただ、日本政府の出来ることは限られ、日銀も動く気配がありません。(日銀は過去の失敗の歴史があるので、動かない)

おそらく、ここまでの動きは予想することが出来ます。

そうしますと、口先介入と言われる対策をほのめかすことを言っても反応しないのです。

先読みされて、どうせ動かないと見透かされているのです。

そして、いつもの通り追い込まれて渋々対策が出てくるのです。

それでは、同じことをやっても、実際の効果は半減するかもしれません。

将来に対する不安感があれば、人間と言うのはお金を使いません。

財布のひもが固くなるのは当たり前なのです。

経済は感情で動くのですから。

消費税にしても、多くの人は税率のアップはしょうがないと思っています。

ですから、感情的に納得できる環境が必要なのです。

その一つが、徹底的な行財政の無駄の排除でしょう。

国の予算が赤字だと言うだけでは、だめなのです。

政策に対する信頼感が求められている。

特に一国のリーダーには、さすが、この人は違うと言われるぐらいの見識と実行力が求められているのでしょう。

日本が沈没する前に、みんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!


posted by 森 大志 at 09:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本