記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2010年08月11日

東京都のエコ商品開発支援に期待する

」リーマンショック後の低迷から抜けつつある日本経済ですが、それはマクロ経済のことで、企業間格差が開きつつあるのも事実です。

具体的には、大手製造業などは新興国経済の堅調により大きく輸出を伸ばして好調ですが、その下請け企業である中小企業は、受注単価の下落などに苦しんでいるのです。

よく、大企業優遇を止め中小企業を支援するということを言いますが、現実問題として中小企業は大手企業の下請けが多いので、大手企業の経営が悪くなれば大きな影響を受けます。

このことは、リーマンショックのときに経験済みでもあるのです。

私は、このことを克服するには中小企業も力をつけて、自社製品の開発をして下請けから脱却することが必要だと思っています。

今日の日本経済新聞では、
東京都は中小企業が環境分野で商品を開発する際の支援を始める。エネルギー効率の高い照明や家電などの開発費に最高で2000万円を助成。試作品の実証実験や販路開拓もサポートする。高い技術力を持つ中小企業に、将来性の高い環境事業への進出を後押しする。

私は、東京都のこの試みにを高く評価しています。

いくら日本は技術力があると言っても、売れる製品開発ができなければ何にもならないからです。

特に技術力がある中小企業の支援をして、その技術の継承を考えなければ、日本の未来はないとさえ思うのです。

同じ記事では、
都は、「商品開発だけでなく販売までサポートすることで、助成制度の効果が高まる」(産業労働局)と期待している。

この販売までサポートすることが重要で、生産から販売まで考えることで企業としての自立性が高まるのです。

それができて、初めて下請けからの脱皮ができると言えよう。

みんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!

posted by 森 大志 at 10:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本